182■■ 海底トンネル
b0125465_1335056.jpg

昨年の3月中旬、東京港横断水道用海底トンネルの貫通式が行われ、続いて4月初めに施設見学会が行われた。
筆者はこの手のものに甚(いた)く興味をそそられる性質(たち)で、早速申し込みを行い家内と友人たちの4人で見学と相成った。
小学生との親子連れが中心という中にあって、我々4人のオヤジたちはどんな風に映ったのだろうか。

この概要を説明すると、水道局による信頼性の高い送水システムの構築が目的で、バックアップも視野に入れた送水管のネットワーク化を図ろうとするものだ。
トンネルは江東区豊洲と港区港南を海底トンネルで繋ぐもので、筆者の嫌いなレインボーブリッジ横の海底を東西(2325m)に走っている。
この地下50メートルを走るトンネルの内径は2.45メートルあり、最終的にはこの中を口径1.8メートルの送水配管が通ることになる。

鉄に纏わる話として、橋のようにそこに美学があるとかではないが、延々と繰り返し続く円形の鉄製支保工はそれなりの見応えがあった。
いつもなら少し説明を加えた上で話は別のところに飛ぶのだが、今朝は至って真面目に説明に終始してしまった...。

by finches | 2009-10-27 07:16 | 無題


<< 183■■ 明化小学校 181■■ 世附川 >>