181■■ 世附川
b0125465_13421559.jpg

世附川は拙稿‘川遊び’と同じ川だ。
世附川は相模湾に注ぐ酒匂川の最も上流にある支流の一つで、途中で大又川と合流して丹沢湖に注いでいる。
車だけでなくマウンテンバイクなどの乗り入れも禁止されているこの2つの川は、歩いてしか入ることしかできない為に、豊かな自然が荒されずに残っている。
だが、最も奥の沢まで行こうとすると片道だけで優に3時間以上を要し、筆者はまだその三分の一辺りまでしか入ったことがない。

沢の名前もバケモノ沢や熊沢など不気味な名前もあり、その名前だけであまり奥まで行きたいとは思わないのも本音だ。
この川にも幾つもの砂防用の堰堤がコンクリートで造られているが、写真は本流に注ぐ沢に造られたパイプ堰堤で、流木や岩などが流れ込むのを防ぐ為に造られている。
この手のパイプ堰堤は魚の遡上には影響しないが、コンクリート製の堰堤は魚にとってはそれ以上は決して上ることができない悪魔の関所で、最近は魚が遡上できるようにと魚道を設けたものもあるが、国交省とお抱え大学教授が主張するその効果は全く疑わしい限りと言う外はない。

都会の川とは違った意味で、山奥の川も人が入り、コンクリートで無駄な工事を続けるために、今や自然も生態系も瀕死の状態にある。
ダム工事差し止めのニュースを見ているだけでも、これほど無駄なダムを造ろうとしているのかと驚かされるが、その支流や沢にある堰堤や砂防ダムやその他治水・治山の小物まで挙げると、その数は無数といってもいいだろう...。

by finches | 2009-10-26 07:07 | 無題


<< 182■■ 海底トンネル 180■■ 神の川 >>