180■■ 神の川
b0125465_21375854.jpg

いつもは投稿する前日に写真だけ決めておくことが多い。
内容によっては前日から調べることもあるが、大抵は朝起きて内容を考え、電子辞書を椅子の左に置き、資料を椅子の右や足元に無造作に広げて書いている。
凡そ1時間から2時間、これが日々の習慣になった。
昔から日記などいつも三日坊主で終わったが、この朝の書き物だけは余り苦にもならず続いている。

今朝のために昨夜はまったく違う二枚の写真を用意しておいた。
一枚は蝋燭と焼き菓子、もう一枚は山と雲の写真だ。
そして、その写真とは全く関係なく、明日は早朝から釣りに行こうか、仕事をしようか、本を読んで過ごそうか、図書館に調べ物に行こうか、それとも下町へ実地調査に出掛けようかなどと考えながら眠った。

今朝は山と雲の写真の方を使うことにした。
裏丹沢の神の川で撮ったもので、幾つか山を越えるともうそこは山梨の道志村になる。
釣りをしていて空の高さと雲が余りに綺麗だったので撮ったものだが、風によって刻々と姿を変える雲の一瞬の一コマに過ぎない。
そしてそれはそこで風と雲がつくり出した最も美しい瞬間でもない。

次に書こうとしている一文の構想を頭に巡らしながら、今朝は取り止めもなく書いた...。

by finches | 2009-10-25 06:55 | 無題


<< 181■■ 世附川 179■■ 玉子焼 >>