436■■ 悪夢からの帰還

b0125465_613455.jpg


久々の東京に、全てが動いているなと改めて強い実感を覚えた。

昨日は3時半に起床し一仕事した後公園のベンチでブログを書き、7時半に朝食を取り、8時から「ゲゲゲの女房」を見て(普段はテレビは見ない)、八時半に木工所に出掛け、電話で数件の打ち合わせをし、急にも係わらず予定を工面してくれた来訪者と打ち合わせをし、銘木店からの桧を受け取り、東京での打ち合わせをセットし、資料の片付けをし、部屋を掃除し、夕食を済ませ、空港までのコンビニでコピーを取り、空港の駐車場に車を置いて最終便に乗り、帰宅したのは10時半を回っていた。

荷物は小型のデジカメ、iPad、髭剃り、書類、そして99%壊れているであろうハードディスク。
残り1%の望みを捨てていないのは、ハードディスクが動作しなくなる前に変調の兆しや異音が全くなかったこと、そのことからパソコン側の回路異常か、若しくは電源側の特定ボルトに限った送電回路の異常が考えられたからだ。

今朝、早速そのハードディスクを外付ハードディスクケースに繋いで電源を入れてみた。
果たして認識するかと動作を見ていたら、2つのパーティションに分けている両方共に正常に認識した。
データはどうかと開いて見ると、全てのデータはそのまま揃っていた。
やはり、パソコン側か電源側の異常でハードディスクが動かなくなったことが証明された。

二日前、筆者の頭はトラブルが生じている箇所の特定、原因、復旧の可能性、取るべき最善の方法、これらについてフル回転した。
だが、今全てが解決した。
ハードディスクを外したパソコンはもう使い物にならないが、別のパソコンに外したハードディスクを外付けして繋げば全てのデータは新しいパソコンに取り込める見通しもついた。

だが、今回のことで否応なしに始めたアナログでの仕事、そのことで改めてその必要性を考えさせられたことも事実だ。
悪夢からの帰還は喜ばしい、だがそれ以上にアナログへの帰還の方により意義があった今回の騒動かもしれない...。

by finches | 2010-07-31 06:13 | 無題


<< 437■■ 三ノ輪橋商店街 435■■ 夏の曇天 >>