513■■ 温もり

b0125465_7303411.jpg


今朝も起きるとストーブに火を付けた。
腕時計は14℃と表示し昨日の朝より寒い。
ところが今朝目覚めた時に不思議な体験をした。

寒さ対策から掛け布団と毛布の間にもう一枚入れ補強しているが、毎朝目が覚めると大抵その内の一枚が綺麗になくなっていて肌寒さを感じるが、今朝はそれが違った。
布団の状態を手と足で確認すると確かに毛布がなくなっている。
ところが、お腹の辺りに微かだが不思議な温もりを感じた。

一昨日の夜ストーブに火を付けたのは、その日誕生日の荷物が届き、その中のワインを楽しむために自分で料理を作り、いつもと違う場所で一人このストーブの灯りでその夜を楽しみたいという思いもあった。
そしてその届いたプレゼントの中に風変わりなものがあった。

それはこれまで使ったこともなければ、これから先も使うことはないと思っていた、腹巻だった。
そして、初めてEM効果と言う言葉を知った。
早速付けてみたが初めてのせいか馴染みが悪く、別に暖かくも感じられなかった。
次の日に確かめてみると腰痛にも良いということで、半信半疑こんどは肌に直接触れるように付けてみた。

それが今朝の不思議な体験に繋がった。
それを付けていることを忘れていた無意識の瞬間に感じたあの温もり、これか、と思った。
今朝お腹に感じた微かな温もり、それを、火の温もり、料理の温もり、人の温もりの写真に替えてみた...。

by finches | 2010-10-28 06:23 | 無題


<< 514■■ 板壁 512■■ ストーブ-十月 >>