642■■ 津波想定高さ 10 -研究員の指摘・土木学会
b0125465_1522505.jpg


3月21日に東京電力の武藤栄副社長の会見が行なわれました。
その中で今回の津波を想定外とする根拠は、土木学会の指針に基づいて決められた5.4~5.7mの設定値の2.5倍近い津波の襲来によるものだということが強調されています。
今回の津波を未曾有と表現し、避けることはできなかった天変地変であったという印象を植え付け、詰る所東京電力側に責任はないという間接的な言い回しが見て取れます。
 [筆者注記:想定津波高さ5.4~5.7mという値は東京電力がそう言っているだけで、それを裏付ける資料は現時点では発見できません]

この土木学会の指針というのは『原子力発電所の津波評価技術(2002年)』のことですが、3月28日に上の記者会見を追うように、土木学会原子力土木委員会の津波評価部会によってそのPDFファイルが公開されています。
しかし、かなり慌てて作業をした模様で、流石に数百ページの資料の改ざんまではできなかったと思いますが、それ以外の部分には慌てて行った辻褄合わせの改ざんの痕跡が残されています。
例えばその一つに委員名簿の書き換えなどがあります。

ここからはリンクを貼った記事をお読みください。

最初は環境エネルギー政策研究所・客員研究員の田中信一郎氏(3月22日付)のペーパーです。
筆者の手持資料とも符合をしていますし、論旨にも賛同できます。
 →http://www.isep.or.jp/images/press/report_0322.pdf

次は衆議院議員・河野太郎氏のブログです。
田中信一郎氏の記事を取り上げておられますが、記事の最後にあるリンク先から核燃料サイクル問題に関するビデオを是非ともご覧ください。
 →http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp035..html

次は土木学会の関係です。
『原子力発電所の津波評価技術(2002年)』はこちらからお入りください。
 →http://committees.jsce.or.jp/ceofnp/node/5

『原子力土木委員会津波評価部会委員名簿』はこちらからお入りください。
 →http://www.jsce.or.jp/committee/ceofnp/Tsunami/tnmlist.html

田中信一郎氏の記事全文と河野太郎氏のビデオはこの問題の本質を突いていると思います。
by finches | 2011-04-12 09:23 | 無題


<< 643■■ 津波想定高さ 11... 641■■ 津波想定高さ 09... >>