701■■ デッサン木炭
b0125465_784556.jpg


小学生の時最初に買ってもらった机は木製の高さが上下するもので、子供心にそのデザインがとても気に入っていたが、小学校も高学年になると身長の伸びに終に机の高さはついて来れず、新しい机を買ってもらった。
新しい机は高さは固定されていたが、今度は椅子が上下した。
だが、この机の高さは75センチもあり、いくら椅子が上下してもその高さには馴染めず、以来ずっとその高さには違和感を持ち続けた。
その机もついに解体し処分した。
机の両脇にあった合板を曲げて成型した引出はモダンなデザインで、この部分だけは捨て難く再利用できないかと取ってある。

机を解体するにあたり7つの引出の中を整理した。
引出の中はまるでタイムマシンのようで、ある時から時間が止まっているようだった。
その中から石膏デッサンに使う5種類の木炭が出てきた。
そんなに使い分けていた記憶もないし使い分ける腕もなかった筈だが、その煤けた箱からはそれらを手に入れた時の少年筆者の情熱が伝わってくるような気がした。

調べて見るとそのほとんどが今でも同じデザインの箱で存在しているが、値段の方は今では当時の5倍以上になっていた。
一番使った記憶にあるのは黒い箱で、アルミ箔を巻いた柔らかいヤナギ炭の中軸が3本入っていた。

これらの箱は4つがヤナギ炭で、1つがシナノキ炭だった。
ヤナギ炭は軟らかくて濃く、シナノキ炭は軟らかくて淡くきめ細かいという特徴がある。
これら以外にもクワ、ハン、カバ、クリ、トチ、ウコギ、ホウ、ミヅキなどの炭もあるが硬軟,濃淡から自分好みの炭を選ぶのもまた楽しいだろう。

何十年も机の引出に眠っていた5つの箱も今ではちょっと楽しい机上のオブジェになっている。
モンブランやペリカンのインク壷が机の上にあるだけで何だかちょっと楽しいように...。

by finches | 2011-09-30 04:15 | 時間


<< 702■■ エジソン電球-レプ... 700■■ 音の正体 >>