706■■ 汲取り券
b0125465_735162.jpg


出掛けていて見ることはできなかったが、昨日バキュームカーがやって来て汲取りを行った。
3箇所のトイレは全て水洗でそれらは当然下水道に繋がっているものとばかり思っていたが、つい最近その一つが汲取り式であることが判明し急遽汲取りを実施した訳だ。
それは小便器一つだけのトイレ専用の小さな便壷で、錆びて穴まで開いている鉄蓋の下にそんなものがあろうとはこれまで全く思うこともなかった。

汲取りは市が行っているようで依頼をすると定期契約でない場合は臨時という扱いになり、翌日の最終で回るということに決った。
本来は目印に黄色い旗を立てておくそうだが臨時ということでそれは免除してくれ、最寄の取扱店で汲取り券を2枚購入するように言われたが、足りなければ後で不足分を郵送すればいいという悠長な話だった。
おまけに当日の朝には市の職員と思しき一人が事前確認にまで来るという念の入れようで、大雑把と周到さが混在するその様に、流石に市の仕事だと苦笑いした。

結局、汲取り券は9枚必要ということで、不足分は郵送することになった。
そのトイレは廃止予定で、今回の依頼が臨時ということに加えて今回限りの最後ということで、通常の倍の汲取り券が必要な上に、汲取りが終わった後に再び水を入れての洗浄汲取りなどを行った分、何やかやと加算が行われ結局9枚が必要となったようだ。
最初から事後の郵送で良ければ、何度も汲取り券を買いに走る手間が省けるのに...。

by finches | 2011-10-05 04:16 | 無題


<< 707■■ 63枚の板 705■■ 蛸と酢橘-十月 >>