751■■ 最後の運動会

b0125465_7141077.jpg


写実の絵にはいろんな情報が素直に埋め込まれている。
『小学校で最後の運動会』という題からも、六年生の女の子の作品ということからも、様々なことが想像できる。

また、背景からは山に囲まれた学校なのだろうと分かるし、今時の小学生はテントの中で観戦するのかといことも、テントに書かれたハーモニーヒルズ自治会という文字から、この学校は新設校ではないかと想像したりすることもできる。
早速調べてみると、想像通り前稿の小学校ともう一校から20年近く前に分離して新設された小学校だと分った。

展覧会で上手いと思って最初に目に留まったのがこの絵だった。
ウェーブする動作の一瞬を切り取った構図と、その動きを的確に描ける表現力に目を見張った。
そして、この少女はある特定の漫画家が好きで、その漫画を自分でも描いているのではないかと、その絵の描写を見ながら思ったりした。

小学校の高学年になると、授業で描いた上手い生徒の絵は展覧会用に改めて描き直すことがある。
筆者にもそんな思い出があるが、筆者の場合は、実物を前にせずに新たに描き直したものは元の絵より見劣りしたが、もしこの絵が描き直されたものなら、写真を見て描いたものかもしれないと勝手な想像を巡らした。

それは描かれた顔の表情がどれもよく似ていて、だから一人の漫画家に傾注しているのではないかとまで想像を巡らしたりもしたのだが、この絵で一つだけ気になるのはこの顔の表情だけだ。

まあ、勝手な想像をして余計なお世話だろう。
『小学校で最後の運動会』、上手い絵だと思う...。

by finches | 2011-11-27 05:18 | 時間


<< 752■■ 吊るし飾り 750■■ 教室の窓からの風景 >>