752■■ 吊るし飾り

b0125465_7175315.jpg


穏やかな小春日和の日曜日、二ヶ月前に予約してあった吊るし飾り作りを楽しんだ。
楽しんだと書いたが、針と糸で縫い物をするなど小学校の時の雑巾作り以来で、悪戦苦闘を通り越しての長いようで短い三時間の貴重な体験だった。

作り方を指導していたのは80を過ぎたおばあちゃんと70過ぎの二人を合わせた三人で、ご婦人方に混じっての黒一点の筆者の席はそのおばあちゃんの隣りだった。
作ったのは三つの玉と、ヒヨコとイチゴで、筆者だけはおばあちゃんが先に先に縫い始めていてくれて、前の玉ができ上がると、途中まで縫ったヒヨコの羽を手渡され、半返しなど初めて耳にする縫い方を飲み込みの悪い筆者に手取り教えてくれ、羽が出来上がるとヒヨコの体が途中まで縫ってあり、それが縫い終わると綿を詰めてくれるという具合に、どうにかイチゴまで辿り着き、最後にそれらに糸を通し位置を決め固定して終わった。

筆者の席は庭が正面に見える座卓の小辺で、土蔵の前の柿の木は小粒の渋柿をたわわにつけていた。
床の間には色のない水墨の軸が掛けられ、手水鉢に添えられた赤い南天の実が縁側のガラス戸越しに見えていた。
畳に胡坐をかき、持参した赤い老眼鏡をかけ、一心に小さな端切れと格闘する筆者は、時々思わず「あっ」「うっ」と呻き声を上げた。

散砂を敷き詰めた庭のテーブルで休憩中のおばあちゃんにお世話になった挨拶をして会場を後にした。
そして、白壁と海鼠壁と黒瓦の家に囲まれた、来た時と同じ細い露地を戻った。
潮が引いているのか、川面は朝より下に思えた。
穏やかな小春日和の日曜日、半日が夢のように過ぎていた...。

by finches | 2011-11-30 05:54 | 時間


<< 753■■ 天井の灯り 751■■ 最後の運動会 >>