793■■ 飛行機雲

b0125465_7564139.jpg


寒の入り後は日毎に寒さが増すように思う。
それでも風のない日は、外の太陽が暖かい。
昨日もそんな日だった、一仕事を終えて空を見上げると、真っ青な中に一筋の飛行機雲が東から西に向かって真直ぐ伸びていた。

飛行機の音には気づかなかったが、まだ風に流されていないところから、できて間もない飛行機雲だと分った。
ここの上空は航空路になっていて、その空の路をまるで雲が描き取っているように思えた。
もう一つ、この航路の下には北から南へ向かう軍用航路もあって、こちらは音はすれど超音速で飛ぶ機影をなかなか見つけることはできない。

夏の雲から秋の雲に変わる頃は、日に日にその表情を変える雲の形が面白くてよく空を見上げたが、冬の雲は太い筆でサラッと描き流したようで、空を見上げても雲より青い空の色に興味を惹かれる。

冬の青空は写真を撮るには持って来いの時期で、大寒を過ぎると次第に朧な春の空へと変わっていく。
その大寒も近付いてきた、今日はいつもと違う大きいカメラを持って散策に出かけてみよう...。

by finches | 2012-01-15 06:11 | 無題


<< 794■■ 山城址から見えたもの 792■■ 専用高速道路 >>