838■■ 東京駅-二月
b0125465_864983.jpg


復元工事が進み次第にそのベールを脱いでいく東京駅を見ていると様々なことを考えさせられる。
今でこそ重要文化財として永久保存が約束されているものの、それは小さな市民保存運動が発端にあり、そのお蔭だということもその中の一つだ。

関東大震災に耐えた東京駅もアメリカの無差別東京空襲により大きな被害に見舞われる。
その時に焼け落ちたドーム屋根は戦後に行われた突貫工事で八角形の屋根で掛け直され、筆者たちはその姿を東京駅として長く慣れ親しんできた。

ドーム屋根の復元を含め東京駅全体の復元再生が行われることに対し、果たして今にしてその必要性があるのかと思い続けていたが、昨年シートに覆われた駅舎からその復元なったドームの一部が顔を覗かせているの見た時、何故かゾクゾクッとする戦慄が走ったことを覚えている。
それは筆者の考えの方が浅はかであり、ここで行われている復元再生は決してバブルな発想からではなく、筋も芯も一本通ったものだということを投げつけられたような衝撃だった。

東京駅から真直ぐ北に伸びる大通りを行幸通りという。
その名が示すように、皇居と東京駅を結ぶもので幅は40間(72.8m)もある。
行幸通りの歴史を辿ると明治22年(1889年)の市区改正による中央停車場の位置決定に遡り、実際に整備が終わるのは明治43年(1910年)のこととなる。
この街路整備は正に江戸を明治に変えていく一大都市計画だったと言える。

行幸通りの整備が終了した時、一方の東京駅は本格的に工事が進行中で、行幸通りに繋がる駅前の広場を含めた東京駅の完成はその4年後の大正3年(1914年)となる。
この行幸通り一つを取ってみても、まだまだ色んな歴史がある。
正に東京駅は近代日本の歴史そのもので、竣工当時の姿に正確に復元再生することの意味は計り知れないと考えを改めた。

東京を江戸と重ねて考えるようになって随分とものの見方が変わった。
東京駅もそんな中で、その見方も変わった一つだ...。

by finches | 2012-02-29 05:08 | 遺産


<< 839■■ 東京中央郵便局-三月 837■■ 時間は同じに流れている >>