844■■ 書棚

b0125465_1036977.jpg


東京を離れる時に随分と本は捨てた。
中には手元に残しておきたいと思うものもないではなかったが、人生に於ける希少なリセットの機会に、思い切って身軽になるのもいいと思った。

昨年の暮れにダンボール50箱以上あった本がやっと書棚に納まった。
だが、取り敢えず納まっただけで使い難く、それを少しづつジャンル毎に纏める作業を続けてきた。

そんな中で図書館などで集めたコピー資料やリーフレットなどは整理がし辛く、分散したまま放置していたが、思い切ってそれらにも手をつけた。
この4段の書棚はまだ整理は十分ではないし、新たに加わる資料の為に余裕も持たせてあるが、ここに筆者の興味の中心となる資料が置いてある。

京都から戻ってこの未整理部分に手を付ける気になったのだが、ほぼ一年休止状態だった思考(嗜好)回路にも再びスイッチが入ったような気がした。
まだ大きいサイズのコピー資料の山があるにはあるが、それらもそのうち片付く時が来るだろう。

昨夜共に飲んだ東京からの旅人ももう次の目的地に向かって出発した頃だろう。
こんな取りとめのないことを書きながら、頭の中にその場所の景色を思い浮かべた...。

by finches | 2012-03-06 09:17 | 無題


<< 845■■ 白梅咲く 843■■ 屋上から見えた京都... >>