854■■ 春分の日の湯

b0125465_9201011.jpg


高校の同期生7人で飲んだ。
東京から母親の介護に帰省した一人が声を掛けその日のメンバーは決ったらしい。
顔や名前こそ知っているが東京からの友人以外はみんな初めて会うメンバーだった。
どうやらクラスもまちまち、長い時間がそのメンバーの友情を育んだようだ。

町一番の神社の神主、地元駅の駅長もやったことのある奴、抜群に理数の頭が良かったという船会社の社長、高校からコーラス部一筋の鍼灸治療院の先生、高校の文化祭でドラムを叩き喝采を浴びた奴、そして東京からの帰省者で白ヌタやら牛蒡の煮付けやら天ぷらやらの支度をして来たという奴、そんな連中と楽しい夜を過ごした。

三軒のはしご酒の結果は二日酔い、だが、不思議と爽やかな二日酔いだった。
そんな訳で春分の日は日がな一日ボーと過ごし、夕方、いつもの温泉に出掛けた。
そこは熱い湯で、常連が言うには昨日は46度、熱からず温からずのいい湯とのこと。
熱くなると48度くらいになり、こうなると湯が少し動いただけでもうじっとしてはいられない。
飛び出して、隣の28度の掛け流しに飛び込む。
噂を聞いて折角訪れても、中には熱くて湯船に入れず帰る人までいるらしい。

写真がその温泉だ。
すべてが春に向かっていて、芽吹きを待つ美しい光景が広がっている。
木々の日々の変化が分るから、毎日その変化を見るのがまた楽しい。
普段は我慢する豆腐屋のソフトクリームを、祝日だからと立ち寄って食べた。
すると、火照った体が心地よく冷めていった...。

by finches | 2012-03-21 07:17 | 無題


<< 855■■ いざ大阪 853■■ 温泉巡り >>