857■■ 神戸市北野小学校
b0125465_8552793.jpg


大阪での待ち合わせの5時間も前に神戸を訪ねたのにはそれなりの訳がある。
それは、神戸は日本で最初に鉄筋コンクリート造小学校が誕生した地で、京都に続いて大阪のそれを視る前に、神戸に残る同時代の小学校建築の姿を目に焼き付けておこうと思ったからだ。

大正9(1920)年に神戸に完成した日本で最初の鉄筋コンクリート造小学校は須佐小学校と言った。
だが、同じ年には横浜で寿小学校が産声を上げており、当時の大都市に於ける小学校建築の不燃化の流れの中にあって、何処が最初かということはさして重要な意味は持たない。
余談だが、大正9年の人口から都市の規模を推し量るならば、神戸は東京,大阪に続く第三位、横浜は第七位だが、大正14年には神戸第五位、横浜第六位と横浜の人口増加が著しいことが見て取れる。

さて、現在は『北野工房のまち』として保存再生されている北野小学校は昭和6(1931)年に完成したもので、前稿のトアロードという坂道に面して建っている。
北野小学校を書くに当り先ず前稿で『国立移民収容所』を取り上げたのは、このトアロードを登った先を左に折れて更に登るとその収容所があり、その先は更に細民街に続いていたことを背景として書いておきたかったからだ。
一方、トアロードを真直ぐ登った先にはトア・ホテルと言う高級ホテルが建ち、この北野小学校も移民として日本を離れなければならなかった人々とは天と地程も差のある人々の子どもたちが通う、まるで夢のような超近代的な建物だったに違いない。

両者の間にはその時代の光と影が交錯し、長い時の流れの中で今は共に姿を変えて対峙する様に、言い様ない歴史への深い憎悪を感じるのは筆者だけだろうか。
前稿の石川達三の『蒼氓』の中に、「突堤には見送りの小学生が三、四百人も整列していた。彼らは港にちかい小学校の生徒たちで、移民船が出る度毎に交替で見送りに来るのであった。」という件がある。

間違いなく港への坂を下る移民たちはこの北野小学校の前を通り、間違いなく見送りの旗を振る小学生の中にこの北野小学校の生徒たちがいたと思う。
国立移民収容所と北野小学校の建築の記憶を更に上回る街の記憶の中に両者が存在し、それらが長い時を経て対峙する姿に、改めて日本の歴史の深淵とこの街の歴史の深さとを感じる思いがした。
そして、改めて歴史ある建築をそのままの姿で次代へ継承することの意味を、深く深く思わずにはいられなかった...。

by finches | 2012-03-25 05:35 | 近代モダン小学校


<< 858■■ サクラとイペー 856■■ 蒼氓 >>