875■■ 日曜日の午後-笊豆腐

b0125465_8315981.jpg


日曜日の温泉はどこかに出掛けた帰りに立ち寄ることが多い。
普段は我慢をする豆乳のソフトクリームも日曜日だけは何か特別な日のような気がして、ぺろぺろと舐めながら温泉で火照った体を冷ます。

日曜日の午後に副題をつけて書いているのはみんな先週の日曜日のことだが、この日は珍しくただ温泉に入るだけの目的で二時をまわったあたりから出掛けて行った。
そして、その帰りに豆乳ソフトを食べ笊豆腐を買った。

この日は穏やかないい天気で、温泉から帰るやそそくさと準備をして柿の木の下に小さな酒膳を設えた。
笊豆腐は春キャベツを一枚ザックリと敷いた上に、小さなお玉で笊からすくって置いた。
醤油は湯浅の溜まり醤油、ビールは朝日復刻ビール、膳は函館の友人が送ってくれた某お寺で使われていた朱塗り盆で、大豆の味を楽しみながら、一口目は何もつけず、二口目は醤油をつけて、三口目からは時に何もつけず時に醤油をつけてその味を堪能した。

暫くすると隣家で庭を掃く音がし、蜜柑の葉に隠れてこちらからは見えないが、恐らく覗き込んだのだろう、隣家の主から「こんにちは、いい天気ですね、私も一杯やりながらやってます」と声がかかった。
別に隠れて飲んでいた訳ではないが、立ち上がり挨拶を交わし、隣りの庭を覘くと、紙パックにストローを挿した日本酒が置かれていた。

二つのビールを開けたが、別に酔うこともなく、出始めた柿の若葉を下から見上げながらの真っ青な空は綺麗だった。
その日はアルコールを抜こうと決めていたが、春の陽気に誘われてビールを開けた。
だが、その夜は頼んでおいた茶粥の味をおとなしく堪能した...。

by finches | 2012-04-21 05:26 | 無題


<< 876■■ 日曜日の午後-飛行機雲 874■■ 日曜日の午後-ホテ... >>