881■■ CAVIAR
b0125465_659978.jpg


バレンタインで貰った4つのチョコレートのうち、まだ2つが残っている。
一つはDEMELで、もう一つがこのCAVIARだ。
引き出しの中に入れてあるものだから普段は忘れていて、時々思い出しては食べている。

CAVIARのパッケージのデザインは、その名の通りキャビアだ。
黙って出すと本物のキャビアと思ってしまいそうな、そんな遊び心が楽しい。
勿論粒は大き目だが、キャビアに見立てた粒状のビターチョコレートが缶いっぱいに入っている。

二つの味を比べると、DEMELはミルクでCAVIARはビターだから、形による食感の違いも然ることながらその味は全く異なる。
因みに筆者の好みはビターよりミルクだ。

そう言えば以前にカカオ100%のチョコレートを買ったことがあるが、その極限のビターの味は決して美味いものではなかった。
だから残りのカカオ100%は、函館の港を一望できるベランダに花火の日にセットしたテーブルに並べた料理の一つの、チョコレートソースとして使ったような記憶がある。
確か、鴨とオレンジに合わせたソースだったような気がする。

DEMELミルクとCAVIARビターの味は全く異なるが、DEMELミルクには全粉乳が加わる以外、後の成分は全く同じだ。
因みにその後の成分とは、カカオマス、砂糖、カカオバター、乳化剤、香料の5つだ。

同じものを使っていながら味も食感も無限に創り出せる。
それはまるで食や暮らしや人生ようだ...。

by finches | 2012-04-29 05:27 | 嗜好


<< 882■■ 川の流れ 880■■ 手紙 >>