904■■ 東京は雨
b0125465_647429.jpg


一日中雨にたたられた東京も一夜明けると快晴の朝を迎えた。
雨で楽しみにしていた散策は断念したが、それ以外の目的はそつ無くこなした。

数年振りにT刃物店を訪ねることもできた。
外から覗くと、主人は入口に背を向け何やら黙々と研いでいたが、中に入り挨拶をすると忙しい手を止めいつもの場所に座り直すと、突然の来訪にも厭な顔ひとつせずに付き合ってくれた。

その店には数か月前に家人が一人で訪ねていた。
それは店主が書いた本が手元に残っていればその一冊を譲って欲しいと筆者が頼んだ為で、家人は随分緊張したと後で言っていた。

その刃物店のことを知ったのは函館でオルガン作りをしている友人との何気ない会話に始まる。
それはその友人と宮大工・西岡常一との信じられないような出会いの話に始まり、西岡棟梁が東京のT刃物店のことを友人に話して聞かせ、そんな店が眼と鼻の先あったことに驚いた筆者がその店を訪ねたことによる。

今回も雨の中をわざわざ訪ねた価値は十分にあった。
それにしてもすごい男がいるものだと改めて思いもした。
そして、この主人の関わった全ての書籍を手元に置いておきたいと思った...。

by finches | 2012-06-11 04:42 | 無題


<< 905■■ 函館は晴れ 903■■ 幻想的光景―六月 >>