916■■ 紫蘇水
b0125465_728930.jpg


筆者にとってお茶は年間を通して水分補給の必需品だったが、抜歯をした後の口内消毒にもなると家人が作ってくれたハーブウォーターが甚く気に入ってしまった。
ハーブはレモングラスとレモンバームを使い、これらをミネラルウォーターのペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やすと、爽やかな香りと仄かな甘みがあって爽快な気分にもなれる。

ところが、レモンバームの方は豊富にあるのだが、レモングラスの方は希少品で、一回に使える量にも制限が課せられている。
そこで、筆者は資源保護の観点からビーフステーキプラントウォーターを作ってみた。
名前が面白いのでわざと書いたが、beefsteak plantとは紫蘇のことだ。

紫蘇なら豊富に生えているから、新しい葉を毎日摘んでやった方が却って紫蘇の為には良いかもしれない。
紫蘇の葉をそのまま入れると緑が綺麗で目に優しく爽やかなのがいい。
また、紫蘇の葉を箸で潰してやると、濃い紫蘇の香りが立ってこれもいい。

今朝は雨も止み霧が立ち込めている。
霧がつけた無数の小さな水滴は蜘蛛の巣のシルエットを浮かび上がらせ、それはそれは幻想的な光景を作り出している。
そんな朝霧の中で飲む冷えた紫蘇水はまた格別だ...。

by finches | 2012-07-15 04:56 | 無題


<< 917■■ ある分校跡 915■■ 山津波 >>