940■■ 朝の水玉

b0125465_7144264.jpg


土日は水曜に迫った東京での勉強会のための資料のまとめ作業に没頭した。
とは言っても、土曜の朝は魚を買いに市場に行き、下処理と下ごしらえを終えると、新鮮な野菜を求めて三市にまたがるドライブに出かけたりもした。
日曜の朝は4時間の集中作業の後、バケットとチーズの簡単な昼食を終えるや、午後からの作業のための気分転換に温泉へと直行した。
帰ったら同じく4時間の集中作業をと考えていたが、思わぬ温泉効果からだるさと強烈な睡魔に襲われたが、それでも何とか2時間ほどは頑張って資料作りに勤しんだ。

今朝、まだレジメもない作りかけの資料を元に要する時間を計ってみた。
勉強会での発表の持ち時間50分に対して、17分を残してほぼ終わった。
早口で喋っての結果だから、もっとゆっくり喋り、ちょっと違う話を交えても50分で収まる大雑把な目途だけはついた。
後はレジメを完成させればいい。

疲れた時や気分転換が必要だと思うと、柿の木の下まで行ってみるか、庭に設えたガラステーブルまで行って戻る短い歩行を楽しむ。
この間に取り入れる新鮮な酸素から新たな活力が得られる。

雨が降ったのか、ガラスのエッジには幾つもの水玉がついていた。
シマヤブランも紫の小さな花をいっぱいにつけていた。
こんなささいなことに感動する新しい朝が好きだ。

東京での滞在は三泊四日、その朝はどんなだろうか。
宿は温泉のある川の傍のホテルに決めた。
隅田川も近い、朝の散歩が楽しみだ...。

by finches | 2012-09-17 07:21 | 時間


<< 941■■ 温泉と彼岸花 939■■ 朝の時間 >>