カテゴリ:近代モダン小学校( 6 )
857■■ 神戸市北野小学校
b0125465_8552793.jpg


大阪での待ち合わせの5時間も前に神戸を訪ねたのにはそれなりの訳がある。
それは、神戸は日本で最初に鉄筋コンクリート造小学校が誕生した地で、京都に続いて大阪のそれを視る前に、神戸に残る同時代の小学校建築の姿を目に焼き付けておこうと思ったからだ。

大正9(1920)年に神戸に完成した日本で最初の鉄筋コンクリート造小学校は須佐小学校と言った。
だが、同じ年には横浜で寿小学校が産声を上げており、当時の大都市に於ける小学校建築の不燃化の流れの中にあって、何処が最初かということはさして重要な意味は持たない。
余談だが、大正9年の人口から都市の規模を推し量るならば、神戸は東京,大阪に続く第三位、横浜は第七位だが、大正14年には神戸第五位、横浜第六位と横浜の人口増加が著しいことが見て取れる。

さて、現在は『北野工房のまち』として保存再生されている北野小学校は昭和6(1931)年に完成したもので、前稿のトアロードという坂道に面して建っている。
北野小学校を書くに当り先ず前稿で『国立移民収容所』を取り上げたのは、このトアロードを登った先を左に折れて更に登るとその収容所があり、その先は更に細民街に続いていたことを背景として書いておきたかったからだ。
一方、トアロードを真直ぐ登った先にはトア・ホテルと言う高級ホテルが建ち、この北野小学校も移民として日本を離れなければならなかった人々とは天と地程も差のある人々の子どもたちが通う、まるで夢のような超近代的な建物だったに違いない。

両者の間にはその時代の光と影が交錯し、長い時の流れの中で今は共に姿を変えて対峙する様に、言い様ない歴史への深い憎悪を感じるのは筆者だけだろうか。
前稿の石川達三の『蒼氓』の中に、「突堤には見送りの小学生が三、四百人も整列していた。彼らは港にちかい小学校の生徒たちで、移民船が出る度毎に交替で見送りに来るのであった。」という件がある。

間違いなく港への坂を下る移民たちはこの北野小学校の前を通り、間違いなく見送りの旗を振る小学生の中にこの北野小学校の生徒たちがいたと思う。
国立移民収容所と北野小学校の建築の記憶を更に上回る街の記憶の中に両者が存在し、それらが長い時を経て対峙する姿に、改めて日本の歴史の深淵とこの街の歴史の深さとを感じる思いがした。
そして、改めて歴史ある建築をそのままの姿で次代へ継承することの意味を、深く深く思わずにはいられなかった...。

by finches | 2012-03-25 05:35 | 近代モダン小学校
843■■ 屋上から見えた京都-清水小学校
b0125465_7104483.jpg


 朝5時前におばあちゃんに起こされる。
 5時20分に清水に散歩に出掛ける。
 「おはようさん」と、皆が声を掛ける。
 優しい言葉、東北を思い出す。
 おばあちゃんが説明しながら歩く。
 (中略)
 本堂に上がり、蝋燭を立て、線香を立てる。
 百手観音の前に座る。
 おばあちゃんが経を唱える。
 家族の幸せ、健康を祈り、最後に
 「この青年が無事に旅を続けますよう、健康でありますよう」
 と祈ってくれる。
 何とありがたいことか、何と優しい人なのだろう。

これはスケッチブックの片隅に残された青年筆者の清水での思い出だ。
清水寺の近くにベランダから清水の塔が見える、昔芸者だったおばあちゃんがやっている民宿があると聞き、そこには一部屋だけ芸者時代からのものという数奇屋の和室があるというので、その部屋に何泊かした時のものだ。

昔は知恩院から八坂を通って産寧坂(三年坂)から清水寺までが特に好きで、京都と言えばいつもこの辺りに足が向いたものだ。
それはその道すがら見え隠れする八坂の塔が好きだったからで、何処から描いたのだろうと思うようなスケッチが何枚も残っている。

筆者にとってのそんな思い出深い場所に清水小学校はあった。
昭和8年(1933年)竣工の校舎は傷みこそあれ、80年近い歳月を経ても尚、矍鑠とした姿で迎えてくれた。
建物の中には歴史の記憶が深く刻まれ、屋上には京都の街の変遷を見守り続けた深い皺が刻まれていた。
八坂や清水の塔をこんな風に見る機会が訪れようとは思いもしなかった。
だが、八坂の塔は青年筆者の記憶の中のままで、その何十倍もの間そこに立ち、京の変遷を見続けてきた自信に満ちていた。

古いものをそのまま前の時代から受け継ぎ、それをそのまま次の時代に受け渡す、そのことの意味と重みが屋上から見えた京都だった...。

by finches | 2012-03-05 07:29 | 近代モダン小学校
581■■ 旧入谷小学校
b0125465_7373869.jpg


旧下谷小学校を訪れた同じ日に旧入谷小学校の中にも入ることができた。
後者に入るのは二度目だったが、奥まで隈無く見るのはその日が初めてだった。
少し説明しておくと、前者は昭和3年の竣工で復興小学校のグループに入り、後者はそれよりも早い大正15年の竣工だが改築小学校のグループに入る。

筆者が東京の復興小学校を調べ始めてから早いもので3年近くになり当初は20校が現存していたが、一昨年港区の旧南桜小学校(昭和3年竣工)、昨年台東区の旧福井小学校(昭和4年竣工)と中央区の明石小学校(大正15年竣工)、そして今年に入って中央区の旧鉄砲洲小学校(昭和4年竣工)が次々に解体され、現在その数は16校に減っている。
その内実際に現役小学校として使われているのは半数の8校で、その中の1校(中央区明正小学校)は既に解体の予定に入っているのが現状だ。

さて、旧入谷小学校の内部は階段や廊下や普通教室の一部に昔の面影を残していた。
教室の3つの窓からの明るい日差しは廊下側の窓と扉まで届き、竣工当時から変わらない木製の黒板二つと廊下側の回転窓が、まるで静寂の中に置き去りにされたように残っていた。
黒板や窓や扉の枠からは今のものより数段上の仕事振りが伺え、85年という長い時を経て狂いもなく、寧ろ使い込まれた中に気品と美しささえ感じる先人たちの仕事を温かい気持ちで眺めた。

二つの校舎にはそれぞれに趣があった。
だが、それは過去や古いものへの郷愁などではなく、一つの思想に貫かれて造られたものが時を経て決して色褪せないことへの尊敬の回顧であり、今こそこれら本物の空間に沁み込んだの建築の記憶を未来に継承し、その思想を伝承していかなければならないと思った...。

by finches | 2011-01-30 03:54 | 近代モダン小学校
569■■ 日曜日の発見
b0125465_7363835.jpg


日曜日、この冬一番の寒さにもめげず外へと出た。
メトロを降りバス通りを少し歩いた後、タイ料理の店で温かい麺の昼食を済ませると住宅街の細い脇道へと入った。
この日の目的は三つの小学校を実際に見て確かめることだったが、その中の一つに竣工当時の校舎が現存しているのではないかとの予感があっての行動だった。

その一校は筆者の東京近代モダン小学校リストの中では既に×印が付けられていて、その印は即ち竣工当時の校舎が現存しないという意味なのだが、それにも係わらずかねがね自分の目でどうしても一度は確かめておきたいと思っていたものだ。
それは衛星写真に写る校舎の形が、どう見ても竣工当時のものに思えてならなかったからだ。

衛星写真は真上から見ている為に旧校舎の形と同じに見えるものでも、実際には建て替えられ階数が増えていたりして、この錯覚で実際に行ってみてガッカリしたことが幾度もある。
一方、この方法で竣工当時の校舎が現存していることを発見したことも幾度かあり、今回のことでまだ×印を付けたものでも竣工当時の校舎が現存している可能性があることも分った。

この小学校については別の機会に近代モダン小学校の仲間として紹介したいと考えている。
それにしても幾つになっても野外授業から得るものは大きい...。

by finches | 2011-01-17 05:36 | 近代モダン小学校
326■■ 近代モダン小学校
b0125465_20201291.jpg

essay bibliophobiaも今日から2年目に入った。
その2年目の初稿に高輪台小学校の写真を使うのも、このブログが追い求める一つのテーマの結実した姿を代表する建築の現在の姿という意味で感慨深いものがある。
昨日、明石小学校(復興小学校、大正15年)の保存問題に取り組むメンバーの計らいで、高輪台小学校(改築小学校、昭和10年)を見学する機会があった。
これまで外から眺めていた校舎に初めて足を踏み入れ、リノベーションによって再生された一つの優れた取り組みを目の当たりにすることができた。
桜の花が咲く中、新入生の入学準備に追われる学校からは学ぶものも多く、また一方で今後の新たな課題もその中から感じ取ることもできた。
さて、本稿は改めて復興小学校と改築小学校とを取り上げて、筆者なりの2年目のスタートの書初めとしたいと考えている。


→続きを読む
by finches | 2010-04-03 06:32 | 近代モダン小学校
325■■ 明化小学校と桜
b0125465_79454.jpg

文京区に六義園という江戸時代の名園がある。
そこの大枝垂桜が今正に満開で、昨夕、家人と友人姉妹たちとこの木の下で待ち合わせをした。
夜の帳が下りるまで暮れ泥む春の空の移ろいを楽しんだ後、鮮やかにライトアップされた正にさくら色の桜を目と心で堪能し、今年初のお花見を終えた。

六義園に近いこともあって、待ち合わせ前に明化小学校(昭和5年竣工)へと回った。
近年、なかなか昔のように入学式と桜の満開の時期が重ならなくなったが、今年は満開に近い桜が新しく白く塗られた校舎の前で輝いて見えた。

明化小学校を訪れるのは今年二回目となるが、何度訪れても人々の暮らしの中にあって共存している小学校というのは良いもので、この築80年の校舎を当然のこととして受け入れ大切に使っている様子を見るだけでここを訪れる価値があり、その傍を通るだけで温かい気持ちにさせてくれる。
まして、そこに満開の桜があろうものなら尚更で、今がこの建物が一年で一番誇らしく輝いている時のように感じた...。


More Photo
by finches | 2010-04-02 06:16 | 近代モダン小学校