カテゴリ:信条( 10 )
959■■ 読売朝刊コラム
b0125465_80570.jpg


読売朝刊の『編集手帳』に、「巧い」と唸った。

11月8日木曜日はこんな風に展開する。

お笑いの世界には、<出落ち>という業界用語があるらしい。(中略)◆「登場した直後に落ちを迎えること」だそうで、それ以降は盛り上がることがない。(中略)◆小泉内閣のあと、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、野田…(中略)“出落ち内閣”がつづく。4年の任期を終えようとしてなお、熱気のなかで次の4年を国民から託されたオバマさんを見ていて、彼我の違いに気分がふさいだ。(中略)◆歌舞伎に由来する<屋台崩し>というオチがあるという。(中略)不誠実な「近いうち」発言で柱が1本倒れたと思ったら、「不認可」大臣の暴走でまた1本...◆<出落ち>のほうが、まだしも、である。


そして次に日、11月9日金曜日はこんな風に展開した。

(前略)石川啄木の歌に(筆者加筆)<気の変る人に仕へて/つくづくと/わが世がいやになりにけるかな>◆程度の差はあれ、気の変わる上司はどこにでもいるが、この役所にはかなうまい。「不認可」―「新基準を設けて再審査」―「現行基準のまま認可」。田中真紀子文部科学相が迷走させた3大学の新設問題は、ようやく落ち着くところに落ち着いた。(中略)◆少子化で学生は減り、大学の数は増えていく。「それでいいのか。認可基準を見直す方向は正しい」と、擁護する声もある。そうは思わない。車の運転で左折や右折をするときは、方向指示のランプを何十メートルも手前から点滅させるのがルールである。合図もなしにハンドルを切って事故を引き起こし、「方向としては正しかった」は通らない。(後略)

この先この国が衰退していくとすれば...、それは公共心と『恥』を捨てた企業人と、『principle(主義、信条、節操、道義)』を持たない政治屋と、そして...、物言わず群れる国民全てのせいだろう...。

by finches | 2012-11-10 08:10 | 信条
933■■ 祝の島
b0125465_7484599.jpg


前稿の写真は本命の島へと向かうフェリーの後部デッキから撮影したもので、取り上げた島はこの真反対の方向に位置している。
では何故この写真を使ったのかと言えば、遠ざかる島影を見ながらある映画のポスターに描かれた島の形を思い浮かべたからだ。

その映画のポスターに描かれた島の名は「祝島(いわいしま)」、映画の名は「祝の島(ほうりのしま)」という。
「祝」は音で「シュク」、訓で「いわう」、と読むのは周知のことだが、「はふり(ほうり)」と読み、それが本来の「祝」の意味だと知っている人は少ないのではないだろうか。
「ほふり」とは神官や巫女など、神に仕えて祝詞(のりと)をあげる人のことで、「シュク」や「いわう」は、神にめでたいことばを告げる意が転じたものだ。

その「ほうり」がいる島が祝島と呼ばれるようになったらしい。
古代より祝島から姫島、国東への航路が九州へ渡る主要且つ最短のルートで、祝島はその最後の中継寄港地として航海の平安の祈る為の島であったことが島の歴史にも書かれている。

その祝島の対岸4kmに建設されようとしているのがあの上関原発で、「祝の島」はそれに反対する漁民の闘いを描いたドキュメンタリーだ。
原発が出来ればこの海は死ぬ、この海が死ねば瀬戸内海が死ぬ。
それは西日本全域が死滅することを意味している。

現在、上関原発予定地の公有水面の埋め立ては新しい知事により免許失効の措置が取られた。
このまま、祝島とその海が、かつて「祝(ほうり)」がいた頃の静けさを取り戻すことを、心から祈る...。

by finches | 2012-08-27 05:44 | 信条
826■■ 午後の遊園地
b0125465_528440.jpg


昼食の帰り、近くの遊園地に立ち寄った。
駐車場は平日のせいか疎らだったが、それでも訪れる人がいるものだと思った。

さて、ここで起きた一羽の白鳥の鳥インフルの発症から四百羽の白鳥すべてを殺したことがいまだ理解できないし、許すこともできない。
何十年もかけてそこまでにした歴史を、再生不能な形で抹消したことが今も許せない。

可能な数だけでも隔離し、鳥インフルの潜伏期間が過ぎるのを待つ判断を平行して行ってさえいれば、例え一からの再出発であっても残った白鳥が増やす子孫を市民は見守り続けることができた筈だと思う。
それが例え一番(つがい)の白鳥であったとしても、市民は皆その番の未来を我がことのように優しく見守ったことだろう。
それは鴇(トキ)などより何十倍、何百倍、市民には意味も価値もあったと思うし、再生のシンボルにもなれたと思う。

公園に併設された遊園地のジェットコースターの撤去工事はすべて終わっていた。
遊園地にある小さな動物園を改修して伸び伸びと動物たちの生態を観察できるようにするらしい。
旭山動物園を真似た青写真が頭に浮かぶ。

だが、旭山動物園で鳥インフルが発症したとして、果してすべての鳥を殺すという判断をしただろうか。
そこに根底的にある違いは、信念であり信条であり、その有無だと思う。
市が行う何をやっても中途半端で、何をやっても成功した例がない、そんな公園管理と運営を物心ついた時からずっと見てきた。

責任と信条なき『市』が運営する、虚だけが残された公園に、もはや明るい未来はないように思う。
悲しいかな、改修のため立入ができない遊園地では、何故か観覧車だけが回っていた...。

by finches | 2012-02-17 03:26 | 信条
791■■ 小寒
b0125465_719204.jpg


朝食に向かう時、家人が庭に活けて行った野いちごが目に留まった。
それは小寒を過ぎ寒さの底に向かう朝の冷気の中で、その小さな真っ赤な実が輝いて見えたからだ。

 『小寒の氷 大寒に溶ける』

大寒に向かうこの小寒の時期の方がより寒さを意識するとは正にその通りだと思う。
それは大寒は寒さの底であっても、立春へと向かう春の気配を暗示しているからかもしれない。

朝食を済ませると、我家の防寒仕様・レベル3に着替えた。
レベル3は北海道の寒さの中で選んだ最強の防寒仕様で、ダマール・タイプ5を上下アンダーに着込む。
様々試した挙句、どんなに良いセーターやコートよりも、どんなに重ね着をするよりも、良い下着を選ぶのが防寒の奥義だと悟った。

お蔭で昨日は寒さを感じることなく快適に過ごせた。
レベル3にしたものの暖かくなったのかと思っていると、灯油缶を手にした隣人から「今日は寒いですね」と言われ、「やはり今日は寒かったんだ」と、レベル3にしたことにニンマリと得心した。

防寒はベースをきちんとすることに尽きる。
それは何に於いても基本が大事とする我が信条に通じる...。

by finches | 2012-01-13 05:47 | 信条
698■■ までいの力
b0125465_8143498.jpg


次第に片付いていく書棚に収まることなくテーブルの上に一冊の本が置いてある。
この夏に読んで以来、拙稿に取り上げようと部屋が片付く毎に持ち回っている一冊だ。
それは、福島第一原発の人災事故による放射能汚染で、国が定めた想定圏外でありながら高い放射線量を維持している飯館村から出版された『までいの力』という一冊だ。

ニュースで飯館村の名を聞いても分らなかったが、この本を読んでいて昨年図書館のない村に全国から絵本の寄贈を募集し、思わぬ反響から数万冊が集まったあの村ではないかと思った。
そして、調べるとやはりあの時の村に間違いなかった。
しかし、この本を読んでみて絵本の寄贈を募集するという取り組みは村で行われている様々な創造的な取り組みのほんの一つで、話題性だけをピンポイントでニュースにしその背景にまで言及しない報道からは決して見えてこなかった多くのことを知った。

それはこの村が豊かな自然に囲まれていること以上に、こんなに心豊かなコミュニティが存在しているという驚きだった。
その村が今もそしてこれからもそれこそ想定外の放射能汚染に苦しみ、守ってきた自然や築き上げたコミュニティを壊さないように崩さないようにもがいている。

さて、昨日山口県上関町の町長選挙の結果が出た。
福島第一原発事故、その後の国の対応、やはり同心円になどなる筈がない放射能汚染の分布実態、それらの現実を知りながらも原発推進の町長の再選が果たされた。
新聞によると『反対派に大差』とあるが、数で見ると当選票1,868に対して落選票903、合わせて2,800票にも満たない建設地域住民だけの意思で、万一事故が起きれば瀬戸内海全体を死の海に化す原発建設推進を是としてよい筈はなかろう。
これは瀬戸内海全域住民の意思の反映でなければならない筈だ。

この上関の選挙結果を見て飯館村のことが頭を過ぎった。
一方は豊かな山々,一方は豊かな海という共に恵まれた自然という分母を持つが、共に過疎という分子を持つことで共通している。
上関は1974年のNHK連続テレビ小説『鳩子の海で』で、多くの視聴者がその美しい自然に魅入った町で、かつては観光を中心に地域起こしに励んだ正に飯館村のエネルギーを持っていた。
また、原発予定埋立地の目と鼻の先に浮かぶ祝島はかつては天まで続く段々畑からの豊かな恵みと、魚が湧くように獲れた海からの豊かな幸に、誰もが羨む豊かで身の丈のコミュニティーが形成されていた。

だが、一方の飯館村は過疎に対して村だけの村こそのアイデンティティを逆手に生かした創造的で活力あるコミュニティづくりに励み、一方の上関町は過疎だからと諦め原発建設が齎す補助金を当てにする町へと歳月が変えてしまった。
上関町は飯館村に学ぶところが大きいと思う。
創造を放棄して未来を担う人を育てることはできないし、目の前にぶら下がった補助金という美味そうに見える餌は食べきったら最後、今と同じ否今以上の不毛の渇きが待ち受けている。
上関町の原発建設問題、その是非は日本人全体の問題として考え結論を導き出さねばならない問題だと思うが...。

by finches | 2011-09-27 05:14 | 信条
685■■ 木に竹を接ぐ
b0125465_7134870.jpg[Photograph source]
news.goo.ne.jp/.../20110724-567-OYT1T00216.html




小学六年生と言えば随分昔のことだが、担任の先生から隣りの大国中国と付き合う時代がやがて必ずやって来るだろう、その時日本は地理的に最も恵まれた好条件を活用して世界で最もこの国と緊密に付き合うようになるだろう、と聞かされたことを覚えている。

次に記憶にあるのは、四人組、紅衛兵による文化大革命という粛清の時代で、父が取り寄せて読んでいた紅衛兵を扱った機関紙に文化大革命に闘志を燃やし目を輝かせる若者の写真が載っていたことを覚えている。

その次に記憶にあるのは、山崎豊子の小説『大地の子』がテレビ放映された時で、話の内容と展開、そして新人上川隆也の迫真の演技に息を呑んだが、一方、日本の製鉄技術をこれ程までにこの眠れる大国に供与する驕った日本に対して、将来必ずやそのことが脅威となって帰ってくる時が訪れるだろうと感じたものだ。

そして、最近記憶に新しいのは新幹線の高速鉄道技術の中国への供与と、日本をはじめドイツ、フランス、カナダの技術を寄せ集めたお国芸のパクリを「中国の独自技術」と言い始め、挙句の果てにそれらを国際特許申請までしようとする厚かましさだった。

そんな折、中国浙洪省温州市で23日に200人以上が死傷する高速鉄道の追突事故が起きた。
そしてあろうことか、事故車両を重機で転げ回して解体し、追突した列車の先頭車両を穴を掘って埋めてしまったのには唖然を通り越して、世界が見ている中でこの国のしたたかさを通り越した奢りと、厚かましさを通り越した無恥を国際社会に晒した。

高速鉄道は車両と制御システム全体が連鎖した高度な技術によって成り立っていて、運行管理、制御システム、運転技術と危機管理教育、最高能力をセーブしての最高速度の設定、それら全てに十分な余裕が見込まれていなければならない。
だが、中国は独自の技術を強調する余り、安全性を無視して時速350キロでの高速運行をアピールしてきた。

毎日新聞に、今回の事故で停車していた車両はカナダ、追突した車両は日本の技術を基礎にしていて、制御装置は中国の独自技術とした上で、この「木に竹を接ぐ」やりかたに問題があるとの指摘がなされていた。
事故車両の詳細が放映され続けると、各国からパクった高度な技術部分と、自国による低度な技術部分が白日の下に晒され、それらの露見防止と事故原因の証拠隠滅を図る為に、選りに選って衆人監視の前で埋めて隠してしまった。
食品問題然り、領土問題然り、民族問題然り、自分さえ良ければいい、そんな小心者がつくる驕った大国ほど怖いものはない...。

by finches | 2011-07-27 04:08 | 信条
648■■ 移住計画 -四月

b0125465_7572445.jpg


三日間東京を留守にしていた。
昨年決心した東京からの移住計画、それを三月に起きた大地震の恐怖が後押しした。
余震の度に本が床に散乱する。
これまでにも年に一度程度は書架から本が落ちることはあった。
あったが、落ちてもそれはせいぜい数冊程度で済んでいた。

関東大震災の震災復興事業で建設された復興小学校や復興橋梁、その他この復興事業で整備され現在の都市基盤の礎をなしている都市インフラについて調べ、それらを書いてもきた。
それはその当時の復興に掛けた凄まじいエネルギーを、復興という側から見たものだった。
しかし、その復興に掛けるエネルギーに勝る地震の持つ自然エネルギーの凄まじさ、それをこの度の大震災で目の当たりにし、今まさに差し迫まっている大地震の脅威を現実のものとして実感した。

東京を大地震が襲ったら、都市機能は間違いなくダウンすることも実感した。
後藤新平のような震災復興をやってのける逸材は今の日本にはいないことも実感した。
津波だけではなく、地震への万全の対策が講じられていると信じ込まされてきた原発も、それは原子炉建屋の耐震性であり、その他の従属的設備との取り合い部分の耐震性は、原子炉のそれに追随するものではなく脆弱であることも判明した。
活断層が近くを走る浜岡原子力発電所が被害を受けない保障はないし、第二の福島第一にならない保障もない。

いろんな思いが頭を巡る三日間だった。
明日からは再び 『津波想定高さ』 の残りあと少しを仕上げよう...。

by finches | 2011-04-25 08:03 | 信条
054■■ 函館市弥生小学校
b0125465_1741679.jpg

弥生小学校校舎の保存の声を無視して、新しい弥生小学校校舎の基本設計は終わった。
そして今日と明日、わざわざPTAとその他住民を分けて、この基本設計図面の説明会が開かれる。
初日の今日はPTAを対象にした説明会で、それまでにこの基本設計図面に何が書かれているのか、設計者は何を考えどのように設計の中で古い良きものを壊してまでつくり変えるに値する説得力ある解決を示しているのか、小南武一の設計した現校舎と比較して設計そのものの質の高さはどうなのか、等々を 「函館・弥生小学校の保存を考える」 に書いて伝えたいと図面を何度も見直している。

筆者が言う設計者とは建築家とは全く異なる。
建築家とはつくろうとする建築だけでなく、その行為を通して社会全体を見ることができる人間だけに与えられるものだからだ。また建築家とは日常の中で己の利益を求めることより、常に社会公共の利益を優先して考えている人間でなければならない。

弥生小学校新校舎を設計した設計者は、建築をどこでどのように学んで来たのかは知らない。
だが、クライアントに媚び、迎合し、利益を追い求め、社会公共への真摯な奉仕と係わりに得たものを還すことをしてこなかった人物であろうと、繰り返し図面を見る中で思った。
弥生小学校新校舎の設計に臨むならば、その歴史的背景を勉強し、現弥生小学校校舎が持つ建築の本質を掴もうと努力し、自分の設計者としての技量を謙虚に省み、死に物狂いで臨まなければ今以上の建築にすることは到底出来ないと、どうして考えられないのだろうと思った。

函館市教育委員会はひど過ぎる。だが、本当に良いものをつくろうとする意思があれば、入札で設計者を決めた都市建設課もひどい。たとえ行政がどれ程ひどくても、良心と誇りを持った設計者ならば、これらに立ち向ったと思う。
だが、この基本設計図面からは設計者の良心はどこからも読み取れない...。


[追記]
函館・弥生小学校の保存を考える に基本設計についての所見を掲載しました。
by finches | 2009-06-09 06:52 | 信条
053■■ Hakodate Goliath Crane

b0125465_1271752.jpg以下は、筆者がいつもその写真に敬服している、函館在住の3人の方が撮られたGoliath Craneです。
因みに左は、現在休眠中のBlogの筆者撮影のGoliath Craneです。

■ http://ezzo.exblog.jp/11248995/
■ http://ayrton2005.exblog.jp/9824058/
■ http://naruhodoo.exblog.jp/11245661/

先ずは3人の感性&技術を堪能あれ。



ゴライアスクレーンの意味は移動式大起重機。
もう少し易しく言うと、支柱の下に走行用の車輪を持つ大型の門形クレーンのこと。
函館のゴライアスクレーンは旧函館ドック繁栄のシンボルで、街の通りの其処此所から湾の何処からも見えるこの2機のクレーンを、市民も観光客も函館の原風景として親しみを持って眺めてきた。
そのゴライアスクレーンが市民の保存の訴えを無視して現在解体工事に入っている。

ゴリアテ(ゴライアスは英語発音)は、旧約聖書のサムエル記に登場するペリシテ人の3メートル近い巨人戦士だ。
ゴライアスクレーンの名前はこの巨人に因んで付けられたものだが、ゴライアスはもう一つ別の喩えにも使われる。
それは、羊飼いの少年ダビデが投石器から放った石を額に受けてゴライアスは昏倒し、自らの剣で首を刎ねられた故事に因んで、小さな者が大きな者を打ち負かす喩えとして使われる。

「函館・弥生小学校の保存を考える」 は一歩進んで、待ちに待った 「市民による保存の会」 が去る6月2日に産声を上げた。
それは賛成派と反対派の対立という市教委が目論んだ図式に乗せられることのない、インドの独立運動を指揮したマハトマ・ガンディーが提唱した、あの 「非暴力と不服従」 のような、「函館弥生小学校型保存運動」 となるだろう。
そしてそれは、上のゴライアスの喩えのように、「小さな者が大きな不条理を打ち負かす」 ための静かな正義の戦いになるだろう...。

by finches | 2009-06-08 07:29 | 信条
025■■ 造って造って何処まで行きゃる
b0125465_21175100.jpg

愛媛県宇和島の遊子水荷浦 (ゆすみずがうら) には山頂まで石垣を築いてつくった段々畑がある。ここほどではないにしても、瀬戸内海には平地のない島を上に向かって開墾した、一つ一つは猫の額ほどの段々畑が多く見られる。
正に、耕して天に至る。

渓流を歩いていると何百メートルおきかに堰堤が現れる。自然の中に突如古ぼけた巨大な人工物が現れると、身の毛もよだつゾッとする戦慄が背中を走る。
林道を歩いていても等高線が凹んだ部分には決まって大小様々な砂防ダムが造られている。よくぞこんな所にまでと、いつも公共工事の執拗さに呆れるより感心するが、その親分格が写真の砂防ダムだ。
正に、造って造って何処まで行きゃる。

川の上流(渓流)で無数に造られているこれらの堰堤や砂防ダムを、実際に目にする機会は少ないだろう。幾筋もの細い支流が渓流に流れ込み、その渓流は幾つか合流を繰り返して一つの川となり、その川を下ると谷を塞き止めた巨大ダムが現れる。
そして、そのまた下にも、発電用やら農業用やら工業用やら、様々な目的を持つダムが高低差の許す限界まで造られている。

そして、中流から下流域にかけても幾つもの堰が海まで続いている。
堰、そう、正に遡上する魚たちにとっては、上るに上れぬ悪魔の関所だ。
そして、最後こそ自由に海に注がせてやればよさそうなものを、駄目押しのごとく川幅いっぱいに造られた河口堰が待ち構える...。

by finches | 2009-05-12 07:52 | 信条