<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
156■■ 隅田川 千住大橋
b0125465_1985575.jpg

千住大橋は文禄3年(1594)隅田川に最初に架けられた橋で、一説には架設の資材は伊達政宗が調達した高野槙(こうやまき)が使われたと伝えられている。
千住(せんじゅ)は江戸時代、日光街道と奥州街道の第1宿として発展し、松尾芭蕉の奥の細道の出発点として余りにも有名だ。

芭蕉は、元禄2年(1689)の2月(旧暦)末、隅田川と小名木川の出合いに架かる萬年橋の北岸にあった芭蕉庵を手放し、仙台堀川に架かる海辺橋の南詰の採荼庵(さいとあん)に移った。

  草の戸も 住み替はる代(よ)ぞ 雛の家

そしてこの採荼庵で奥の細道の出立直前までを過ごし、翌月27日、ここを立って見送りの門人とともに、仙台堀川から隅田川を遡って千住で舟を下り、矢立初めの句を詠む。

  行く春や 鳥啼(なき)魚の 目は泪

芭蕉が千住を訪れる百年前には既に千住大橋は架かっていたことになるが、その後も何度か架け替えが行われ、関東大震災にも焼け落ちることはなかった。
現在の千住大橋は昭和2年(1927)に架設された震災復興橋梁で、形式はブレースドタイドアーチ橋となる。

またこの震災復興事業で千住大橋が架設されたことで、それまで橋がなかった千住大橋以北にも橋が架けられたことを付け加えておきたい。
現役バリバリのこの橋の昭和2年と彫られたプレートが、この橋の歴史を誇らしく告げていた...。

by finches | 2009-09-30 06:59 | 復興
155■■ 飯田市立追手町小学校
b0125465_11292025.jpg

長野県に住む友人から三枚の写真がメールで届いた。
その写真は長野県飯田市内で偶然見かけたという追手小学校で、じっくり観る間もなく慌てて路上駐車して撮影したものだと書かれていた。

早速調べてみると、追手町小学校は昭和4年(1929)に建てられた鉄筋コンクリート造3階建の小学校で、東西両端を円弧とした「コ」の字型平面を持つ校舎が、校庭を南側に取り囲むように計画されている。そして、屋内体操場は敷地の南辺東寄りに建てられているようだ。
この昭和6年(1931)に建設された屋内体操場は鉄骨造で、半切妻屋根は鉄板で葺かれ、鉄骨造を全く感じさせない木造の内部の構成が見事だと書かれていた。

もう一つこの小学校について説明を加えると、現役の学校校舎で登録有形文化財に登録されているのは、松本市の松本深志高校に次ぎ二例目ということだ。
写真を送ってくれた友人はこの松本深志高校出身の筈だから、きっとこの高校の‘建築の記憶’が友人の車を路上に止めさせ、この追手小学校を撮らせたのだろう。

大正の終わりから昭和初期に建設された鉄筋コンクリート造の小学校は、筆者が現時点で知る限り20近くの都市で建設されている。
当時、即ち大正14年から昭和15年当たりの人口統計を見ると、東京、大阪、名古屋、京都、横浜、神戸、が六大都市と呼ばれ、これらの都市では神戸を皮切りに早くから鉄筋コンクリート造小学校の建設が進められるが、これら六大都市以外で当時の人口が上位のものを見ると、広島、福岡、八幡、長崎、そした函館などもその中に入り、沖縄の例を除くと、後は何らかの関係をこれらの大都市と持っていたと思われる地方都市に於いて見られるようだ。

そんな背景を考えながら追手町小学校がある飯田市を見ると、松本深志高校の完成は昭和8年(1933)で追手町小学校より新しいことから、飯田市は恐らく名古屋での小学校の鉄筋コンクリート造化の影響を受けていると考えられる。

当時の地方都市に於ける小学校の鉄筋コンクリート造化には、それを遂行した人間の存在を抜きには語れないが、それについて書き出すとまだ当分終われそうもないので、それはまた改めてということで筆を置きたい。
友人からの写真についつい話が長くなった...。



[我が友人へ]
写真の選択には最後まで迷いましが、建物全体の雰囲気が分かる飯田市サイトのものを使用しました。
お送りいただいたものを使わなくてごめんなさい。
by finches | 2009-09-29 06:46 | 記憶
154■■ 明石小学校 ・其十
b0125465_175232.jpg

明石小学校 ・其九で筆者が勝手に決めた‘明石小学校スタイル’なるものを考えてみたい。
明石小学校の起工は大正14年6月5日で、関東大震災前に既に起工していた3校を除くと、復興小学校の中では3番目となる。
そして、竣工は大正15年8月28日で、こちらは9番目となる。

これら大正の時代に設計された学校建築が、当時の建築の潮流の影響を受けていたことは紛れもない事実であるし、中でもドイツ表現派の影響は、この時代全体が総じて受けていたと言っても過言ではないと思う。
この明石小学校も大きく捉えれば、確かにこの時代の底流にあった表現主義の影響を受けていることに間違いはないし、其処此処にその面影を見ることもできる。
だが、全体を覆う思想はそこからは既に離れたところにあり、それを一つの流派の型に嵌めようとしても無理があるし、最早そこから離脱した表現の模索が如実に見て取れると言っても過言ではないように思う。

明石小学校 ・其九で、明石小学校にはここだけにあって、残りの116校の復興小学校にはない顕著な特徴の存在を示唆した。
それはこの小学校だけがその平面計画に於いて、建物の角という角に大きく丸い面取りがされていることだ。
そして丸柱が建物外周部を一貫して支配し、その同じ柱は室内側では四角の柱に変わるが、その角には丸い面取りが施され、何より特徴的なのは、外に向かって曲面を描きながら反り返るパラペットの形状で、端部の端部に至るまで徹頭徹尾、その建築的思想は貫かれている。

写真は明石小学校の主昇降口だが、ここに表現派の面影が最も色濃く残っていると言えるかも知れない。
入り口扉の上のアーチ部分に嵌められたステンドグラスから射し込んだ朝陽は、中を色鮮やかに照らすだろうし、同じく校庭側のアーチのステンドグラスからは夕陽が射し込むことだろう。
全てに亘ってこの小学校には、周到に考え抜かれた設計者の優れた力量に溢れている。
そして、それを一年と三ヶ月という工期で成し遂げた竹田組の労苦も如何許りであったろうと思う。

それにしても、この学校を壊すのは余りにも惜しい、そして、もったいない...。

by finches | 2009-09-26 06:48 | 復興
153■■ 明石小学校 ・其九
b0125465_1812686.jpg

明石小学校は総じて天井が高く窓が大きいという印象がある。
その中でもその高さとその大きさを特徴的に現わしている場所がこの写真だ。
ちょうど二つの廊下が交差する出隅部分で、入隅側にはトイレが設けられ、この出隅部に手洗い場を置いた事で、全体として水周り機能を上手く集約している。

また、この出隅は北の角で、ここを丸くし尚且つ窓をシンメトリーに設けた事で、兎角薄暗く陰鬱になりそうな場所でありながら、朝陽もさることながら午後からの光を取り込む巧みな工夫が見て取れる。
取り分け当時灯りのなかった廊下で、その一方の側の窓からの光がだんだん失せていく中で、そのもう一方の側の窓から差し込む夕陽は、この大きな窓を通して茜色に染まり奥深くまで長い影を落としたことだろう。
(注:この窓の外観写真 → 明石小学校 ・其三

まだ明石小学校の校内を見たことがなかった時、この出隅に設けられた窓の向こうはどうなっているのだろうと思いを巡らしたものだが、初めて室内からその場所を見た時、「ホー、こうなっていたのか!」と、思わず心の中で呟いていた。
この窓はこの建築の特徴を示す一例に過ぎないが、ここに秘められた建築的思想は建物全体に及び、そしてそれを支配し尽くしていることは確かだ。
そのことがこの明石小学校だけにあって、他の116校の復興小学校にはない顕著な特徴となって現れている。

このことは「何とか様式」「何とか派」「何とか派風」などでは到底言い表せないもので、強いて言うならば「明石小学校スタイル」とでも言う以外に適言が見当たらないように思える。
筆者は決めた、これからは「何々小学校スタイル」という、筆者オリジナルの分類でいこうと...。

by finches | 2009-09-25 06:25 | 復興
152■■ 隅田川 勝鬨橋
b0125465_17191520.jpg

その昔、佃島が江戸の海に浮かぶ小島で、隅田川もその手前でこの海に流れ込んでいた頃、この隅田川の第一橋梁は永代橋だった。だが、佃島の南に月島が埋め立てによって生まれ、隅田川最下流の橋はこの勝鬨(かちどき)橋になった。

この勝鬨橋は隅田川に架かる多くの震災復興橋の仲間ではなく、昭和15年(1940)に架橋された戦前最後の本格橋梁となる。
勝鬨橋と言えば、側径間がソリッドリブ・タイドアーチで、中央部に跳ね上げ式の可動部を持つことで余りに有名だが、昭和45年(1970)を最後に一度も跳開されたことはない。

筆者はどうして勝鬨という名前なのか不思議に思って調べてみた。
勝鬨とは戦争に勝った時、いっせいにあげる鬨(とき)の声で、日露戦争の旅順陥落を記念して明治38年(1905)に運行が開始された「勝鬨の渡し」にその由来があるようだ。

もう一つこの橋には隠れた逸話がある。
それはこの橋ができた1940年は紀元(皇紀)2600年に当たり、国を挙げての様々な行事が予定されていた。その行事の中に万国博覧会とオリンピックの開催があったが、日中戦争の激化を理由に共に中止になった経緯がある。
因みに1936年の第11回オリンピックはベルリンで開催され、1940年の第12回オリンピックの開催が東京に決まっていた。あの幻の東京オリンピックだ。

勝鬨橋もこの万国博覧会会場に予定されていた月島へのメインゲートとしての側面を持って架橋されたものだ。
そして、現在この月島の南に造成された埋め立て地が、短慮猛進型知事が推し進めるオリンピック招致話で盛り上がっているというのも、何とも言えぬ歴史の皮肉を感じる...。

by finches | 2009-09-24 06:34 | 復興
151■■ 築地川南支川 海幸橋
b0125465_17195984.jpg

土壌汚染が発覚した豊洲移転問題で物議を醸している築地市場だが、かつては南を隅田川、西と北を築地川、東を築地川東支川に囲まれていた。(現在、北の築地川と東の築地川東支川は埋め立てられている)
かつて築地川東支川には五本の橋が架かっていて、その第一橋は安芸橋となるのだが、この橋は木造であった為に、隅田川から見た実質的な第一橋梁は二番目に架かる海幸橋と言える。

海幸橋は昭和2年(1927)に架橋された日本初のランガー橋で、ランガー式補鋼タイドアーチ橋という形式に分類されている。
照明付親柱が点対称に配置された珍しい例で、この照明付親柱はアムステルダム派のデザインと言われる。
アムステルダム派のデザインは震災復興当時のデザインの潮流の一つとされているが、その事例は少なく貴重な存在と言える。

建築(復興小学校)と橋梁(震災復興橋)は同じように語れないかもしれないが、往々にしてこの時代の建築に対して表現主義風とか、ドイツ表現主義風などという表現を見かける。
筆者はこの「風」という表現に極めて抵抗があって、あくまで個人の曖昧な印象に過ぎないものを、その「正統派」からの亜流であるかのような、誤解を招きかねない表現は避けるべきではないかと考えている。

(注1:東京都なども安易に表現主義風という表現を使っていて、甚だ誤解を招き易い表現環境にあることを残念に思っています)
(注2:筆者も極めて個人的な見解ですが、別ブログでこのアムステルダム派に言及したことがありますので、興味のある方は一度お訪ねください → 別ブログ記事

現在、海幸橋は全く残ってはいない。
当時の面影も波除神社の角にただ一本残っている照明付親柱だけだ。
恐らく親柱の上に付けられた照明の頭の部分のデザインから、アムステルダム派と言われているのだろうが、筆者はこのアムステルダム派が昔から好きで、この形を見るとその建築が彷彿とされ、なんだか楽しい気持ちにすらなってくる。

照明付親柱の塗装は架橋当時の色に戻されているが、ここに川があったこと、その川に美しい橋が架かっていたこと、そのデザインが当時最先端のものであったこと、それらを知らない人々が目を向けることもなく通り過ぎて行くのが哀しい...。

by finches | 2009-09-23 06:54 | 復興
150■■ 浜離宮前踏切
b0125465_17204670.jpg

かつての汐留川と築地川が交わっていた近くに、この浜離宮前踏切は残っている。
この踏切は昭和6年(1931)から62年(1987)までの56年間、国鉄汐留駅と築地市場とを結んでいた貨物引込線のものだった。
汐留駅とは、明治5年(1872)鉄道創業当時の始発駅である新橋駅のことで、大正3年(1914)東京駅が中央駅として開業したことで、貨物専用駅となり名も汐留駅に変えられたものだ。

旧新橋停車場は現新橋駅より東に位置し、汐留川と三十間掘川が交わる近くにあった。
こんなところからも当時の川、即ち水運との密接な関係が見て取れるから面白い。
(注:旧新橋停車場は保存改修の末、現在も残っている)

汐留川跡に沿って歩いていて、突然この銀座とは思えない鉄道の踏切信号機が現れた時はさすがに驚いた。
銀座の二世柳が風になびく姿と、この信号機の取り合わせは何とも不思議で、共に誰かが守り残したからここにあり、ここにあることで夫々の歴史を辿れる糸ともつながっている。

この踏切信号機を見て小樽の手宮線の廃線跡を思い出した。
あの時も町を歩いていて突然目の前に現れた廃線の踏切と錆びたレールに驚かされた。
この北海道初の鉄道である手宮線の開通が明治13年(1880)、そして廃止が昭和60年(1985)、これを汐留駅の歴史と重ねると、こんなに離れた場所でありながら、一つの時代の始動とその時代の終焉の跡、その妙な一致からその時代が見えてくるような気がする。

明石小学校に向かう道すがら、また一つ新しい発見に出会えたことに感謝...。

by finches | 2009-09-22 06:34 | 時間
149■■ 明石小学校 ・其八
b0125465_1871328.jpg

明石小学校の廊下は天井が高く窓からは明るい光が射し込み気持ちがいい。
天井と書いたが、当時の小学校は床裏のコンクリートスラブに直接漆喰が塗られ、今の小学校のような天井はなかった。したがって、ここで言う天井とはこの漆喰面を指している。

現在の小学校で天井を張るのは、当時のようにスラブ裏まで丁寧に仕上げようとすると却ってコストが嵩むことと、電気や空調や衛生などの設備配管などを隠すという理由が挙げられる。
当時とこれらを比較すると、電気配線は当時も廊下のスラブ裏に露出しているが、規則正しく取り付けられた碍子に固定された電線の列は、その丁寧な仕事振りも相俟って筆者などは美しさすら感じてしまう程だ。
では空調はどうか、当時の小学校には空調設備はないが、今の小学校では暖冷房用の送風ダクトや冷媒配管などが挙げられる。
最後に衛生配管はどうか、当時の小学校も廊下の随所に水飲み手洗い場が設けられているが、その為の配管は廊下を横に走ることはなく縦に設けられた配管シャフトの中を上下に走っていた。

即ち廊下の天井はすこぶるシンプルで、基本的に天井照明もなく、全てが自然の恩恵を100%享受できるように建築自体が考えられていた。
当時と現在の子供たちの学校生活にこれ程の差が必要かは別として、上の写真の天井を縦横に走る設備配管を必要とするように、この数十年の内にその学校生活が変わったということは確かだろう。

冷暖房設備の行き届いた環境の中で窓を閉め切った学校生活を送る、トイレにはウォシュレットが備わり、温水で手を洗える、そんな家庭と同じ快適さを求める親たちと、これを当然のごとく容認する教育行政によってここまできたのだと思う。
学校生活とは家庭とは違う様々なことに直面する中で、子供たちは様々なことを体験し、そこから学習し、思うようにならないことを知り、工夫することや思いやることを自然と学び取るのではないだろうか。
必要ではないものまで何でも十分に備わり、そんな与え尽くされた贅沢な環境は、ひ弱で我が身本位の子どもを生む土壌だけを熟成するのではないだろうか...。

by finches | 2009-09-21 06:45 | 復興
148■■ 明石小学校 ・其七
b0125465_18101688.jpg

小島小学校・其二で、復興小学校の設計条件の中には屋上に気象天文等の観測用設備を設けるように記載があり、その実例として千代田区立九段小学校のペントハウス天井に残る風向表示板の写真を掲載したことがある。
今回の写真に写っている風向表示板は明石小学校のものとなる。
(注:写真は実際の感じを解り易く説明する為に2枚の写真を筆者が合成したものだが、使用した2枚は共に明石小学校で撮影したもの)

階段室最上部の天井まで全く手を抜くことなくしっかりと造られていて、床材や手摺もその仕上げや形状を変えることなく、最上階まできちんと仕上げられている。
そして、ここから屋上(当時の言い方は屋上運動場)に出られる訳だが、そのペントハウスの天井にこのような形で風向表示板は取り付けられている。現在は残されていないが、この風向表示板の中心軸が屋根を貫通した先には、それぞれユニークなデザインが施された矢羽根が風を受けていたことだろう。

今の小学校は廊下も階段も照明器具が当たり前のように付けられ、何処も彼処も均一な明るさが確保されている。
しかし、当時の小学校には廊下はおろか階段に照明器具はなく、窓から射し込む光だけで、春夏秋冬、陽の長い時期も短い時期も、暑い日も寒い日も、晴れた日も曇った日も雨の日も雪の日も、子供も先生も同じ条件で過ごしてた。また、過ごすことができた。今でも当時のまま廊下に照明器具のない小学校が実在するが、その学校を案内して下さった先生の言だと、「夕方になるとちょっと暗いんですよ」となる、そんなものなのだ、それで済むことなのだ。

廊下に面した教室の窓は大きく取られ、そこからの灯りが廊下を照らす。既に人のいない教室からは灯りが消え廊下も暗いが、要所要所に設けられた適度な灯りで歩行に支障は生じない。
本来日本にあった光と陰が織りなす世界、その美しさがそこにはあるような気がした。茜色に染まった空、その色が大きな窓から射し込み廊下を染める、人工照明のない豊かな世界がかつてそこにはあり、それを包容できる人の受容と感性があったことを、ふと思った。

一人で薄暗い最上階まで風向表示板を見に行く役目の子供にとって、この空間は一人では少し心もとない、少し勇気のいる場所だったかも知れない。
そんな時は、小走りに階段を上り風向きの観察を終えると、即座にまた小走りで階段を駈け下りたかも知れない。
だが、そこで感じた光と陰の幻想、緊張、恐怖、勇気を決して忘れることはないだろう。それは子供たちにとって、貴重な体験であり教育であると思う。

そして、これらも階段に‘建築の記憶’として沁み込んでいくのだろう...。

by finches | 2009-09-20 06:20 | 復興
147■■ 明石小学校 ・其六
b0125465_18151212.jpg

明石小学校・其五で、建物のデザインに大きく関係しているパラペットに触れた。
パラペット(parapet)とは欄干という意味で、建物屋上に設けられた低い手摺壁のことを言うが、近代建築では屋上防水の端部をおさめる(仕舞う)ための低いコンクリート壁の立ち上がりを指して言うことが多い。
写真は明石小学校のパラペットの裏側を屋上から見たものだが、筆者はパラペットを支える目的で、各柱から腕木(上からパラペットを摑んでいるので摑み手という表現の方が近いかも知れない)が、それも屋上にこんなに連続して飛び出しているのを他に見た記憶がない。

この小学校のパラペットは外壁が曲面を描く様に外側に反り返り、その跳ね出しが建物全周に亘っているという大変顕著な特徴を持つ建築と言える。(このような特徴的な意匠は、ある重要な立面に於いて部分的に試みられることはあっても、全周に亘る例は珍しい-067■■ 明石小学校 ・其四 参照
本来なら防水上の弱点となり得る腕木を屋上に突出させること自体タブーに近いと思われる上に、震災復興事業という数多の難題に取り組んでいる最中(この建物は関東大震災の3年後に完成)という時期に、ここまで複雑な仕事を要求したものは一体何だったのだろうと考えてしまう。

明石小学校の特徴は建物の角が全て丸く面取りされていることだが、これも部分的にはあっても、建物全周全てに亘る例は珍しい。
これらはこの建築の背景に起因するコンセプトに支配されて、パラペットの形状やそのディテ-ルの末端に至るまで反映していると考えないと説明がつかない。
この当たりの解明を筆者に出来るかどうかは分からないが、そんな気持ちでこの明石小学校の逍遥をまだまだ続けよう...。

by finches | 2009-09-19 06:11 | 復興