<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
956■■ 栗のテーブル

b0125465_7584555.jpg


七畳半は短手が一間半の長手が二間半の大きさだが、この六畳が長手方向に半間延びた大きさがどうにも使い難い。
六畳より広いのだから使い易そうだが、縦横比のプロポーションの悪さなのか、家具がどうにも収め辛い。

その七畳半の発想を転換させて、逆に大きなテーブルを置いてやろうと決めた。
手持ちの栗の厚板9枚を組み合わせを替えながら何度も並べ直し、バランスの良い2枚を選び出した。
その時ベストだと思った向きを忘れない為に、それぞれの板が接する側に対峙する記号を振ることも勿論怠りない。

二日間はその板を並べたままただ眺めるだけにして、さあこれからどう手を入れようものかと思案を重ねた。
三日目から「少し皮剥きしては眺め」を繰り返し、三日かかって荒剥きまでの作業を終えた。
作業を急がないのは、皮と辺材との境の見分けがつかず、無暗に辺材に深く切り込むのを避けるためだ。
それは遺跡の発掘作業に似ていると思った。

天板の表面も荒く仕上げたい。
普通なら加工に出して綺麗に鉋仕上げというところだろうが、それでは栗材の味わいが無くなってしまう。
まあ、慌てず焦らず、ゆっくりじっくり、栗と話しながら、栗の気持ちを確かめながら、材料の持ち味を引き出してやろうと思っている。

この栗材は津軽海峡を渡って遥々やって来たものだ。
この木を山から切り出した人、この木を製材した人、この木を運んでくれた人、その人たちのことを思いながら、ゆっくりと栗の板に命を吹き込んでやろうと思っている...。

by finches | 2012-10-27 07:52 | 無題
955■■ 追想Ⅷ-横浜・西波止場

b0125465_9272550.jpg


『武州久良岐郡横浜村麁絵図』には大岡川河口に広がる浅い内海と、『象の鼻』と呼ばれる砂州が描かれていた。
この『象の鼻』の部分が西を大岡川、南を内海の埋め立てにより流れを変えられた中村川、東を開削により造られた堀川によって切り離され、まるで出島のように『居留地』を形成していたのが開港当時の横浜の姿だ。

もう少し詳しく言うと、この『居留地』の海縁に神奈川運上所(現在の税関)が建設され、2本の突堤を築いて西波止場とし、この運上所を境に西側を日本人居住地、東側を外国人居留地と定め、居留地には東波止場が設けられた。
この日本人居住地と外国人居留地を分けていた大通りが重文・横浜市開港記念会館などが建ち並ぶみなと大通りで、西波止場は現在の大桟橋埠頭、東波止場は現在氷川丸が係留されている場所辺りとなる。

この大桟橋埠頭にある国際客船ターミナルは1995年に実施された国際コンペで、イギリス在住の建築家、アレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサヴィ両氏の作品が最優秀案に選ばれ、2002年にその完成をみたものだ。
この日関内から歩き始めた終着点がこの国際客船ターミナルとなった。
木のデッキと芝生が緩やかな起伏を描きながら桟橋の突端に伸びていく斬新なデザイン、よくもまあ、あの案を実現できたものだと、ウォッツォンのシドニーオペラハウスの例を思い出しながらゆっくりと見て歩いた。

デッキに腰を下ろし沈み行く真っ赤な夕日を飽かずに眺めた。
遠い夕日を眺めその日一日を反芻しながら、初めて横浜のことが分かってきたような気がした...。

by finches | 2012-10-24 09:16 | 無題
954■■ 新東京市中央図
b0125465_8355447.jpg


前稿の『新東京市中央図』に描かれた市電の路線と、絵葉書に写った相生坂を登る市電を見ていて、その市電の行く先にある飯田橋駅に目をやりながら、あるひとつの感慨が頭を過った。
それはあの忌まわしき三月十一日、東北大震災が起きたことで突然止まった、それさえ起きなければその日にきっと書いていたはずの『甲武鉄道・飯田橋駅』のことを思い出したからだ。

甲武鉄道について調べていくと、江戸から明治へと東京の街が出来上がっていく、その様、その過程が見えてくる。
当時多くの民営鉄道が東京の中心に向かって、西から東に北から南へとその路線を延ばしていったが、それはあたかも一本の織糸を作るように、紡がれた短い糸が少しずつ繋がれていくように延びていった。
そして、そこには生糸の輸送という国策を背景としたもう一つの使命もあった。

甲武鉄道の飯田橋駅はどこにあったのだろうかと随分考えた。
大体の場所は分かっていても、高架になっていた筈の線路をどうやって地上まで下げることができたのか、その部分への疑問がどうしても解けなかった。
だが、何度も足を運んでいるうちに、現在の高架や地上にその痕跡が残されていることに徐徐にではあるが気付いていった。

筆者の頭の中にも紡がれた短い糸が少しずつ繋がれた織糸があって、それが想像力という織機で織られるのを待っている。
織れてもまだそれは一寸角くらいの端切れのような小片の集まりでしかないだろうが、それらが繋がって一枚の織布になる日もやがて来るだろう。

『新東京市中央図』は小さな地図だが、そこにも計り知れない歴史の情報が嵌め込まれている。
改めて、当面必要がなくても基礎資料の蒐集だけは怠ってはならないと肝に銘じる思いがした...。

by finches | 2012-10-21 08:51 | 無題
953■■ 聖橋・絵葉書
b0125465_8232711.jpg


前稿に続き何故か聖橋…。
明け方に宮本輝の『泥の河』を読み終えたせいか、その中での大阪の川と橋と人々の暮らしへの余韻が覚めやらぬせいか、今朝は大阪の橋でも書こうと写真を探していて『大東京の十六大橋』という絵葉書が目に留まった。
その中の一枚『聖橋』に市電が写っていて、前稿の松住町架道橋の下を潜って相生坂を上って来た市電というのも何かの縁と、再び聖橋を取り上げることにした次第だ。

ところで、どうして相生坂と呼ばれるかと言うと、神田川対岸の駿河台の淡路坂と並んでいるからだ。
『相生』の意味が、「一つの根から2本の幹が相接して生えること、二つのものがともどもに生まれ育つこと」から分かるように、何とも洒落て粋な命名ではなかろうか。

早速『新東京市中央図』(昭和10年初版)で市電の路線を見てみると、松住町電停を出て御茶の水電停に向かう市電だということが分かる。
ついでに、この場所を『東京一目新図』(明治30年)で見てみると、聖橋はまだなく御茶水橋だけが描かれているのに興味を覚えた。

さて、絵葉書に話を戻すと、神田川右岸の鬱蒼としている部分が現在の御茶ノ水駅で、前稿版画に描かれた『聖橋』は神田川左岸から松住町方向を見たものとなる。
現在の聖橋は改修工事によって橋全面にモルタルが吹き付けられてしまっているが、この絵葉書を見る限り柔らかく味わいのある左官の手仕事が全体に感じられ、それがアーチの造形に表現派特有の人間味のある湿り気を加味しているように思う。
そして、そのこともこの聖橋が持っている懐の深さの一つなのだと思う...。

by finches | 2012-10-18 08:15 | 遺産
952■■ 聖橋・版画
b0125465_864237.jpg


写真は「昭和大東京百図絵」(昭和7(1932)年)に収められている、小泉癸巳男(Koizumi Kishio)の「聖橋」だ。
関東大震災の復興事業で聖橋が架けられたのは昭和3年、聖橋を通して後方に昭和7年完成の総武本線松住町架道橋が描かれていることから、小泉癸巳男はこの松住町架道橋をどうしても聖橋の背景に借景として使いたかったことが窺える。

そこには聖橋が鉄筋コンクリート造の開腹式アーチ橋であるのに対し、鋼鉄製のブレースドリブタイドアーチ橋を対比させた構図の中に、生まれ変わった帝都を正確に後世に伝え残す貴重な歴史資料としての側面が隠されている。
また、この松住町架道橋は関東大震災後に総武本線の両国橋(現両国駅)・御茶ノ水間の延伸工事で生まれた橋だということからも、帝都東京が新しい時代に力強く踏み出したその一歩を象徴する構図でもある。

拙稿ではこれまで5稿の中で聖橋に触れているが、肝心の聖橋をテーマに書くことはなかった。
手持ちの写真も随分とあるにはあるが、この橋が建築家・山田守の設計として余りにも有名である以上に、特段説明を加えてみたいという気持の誘発には至らなかったからだ。

だから、今朝も聖橋を通して見えてくる時代を書いただけで、肝心の聖橋については何も書いてはいない。
だがもしかしたら、この橋はもっと懐が深いのかも知れない。
その懐の奥にあるものが見えてきたら、その時はきっとこの橋について書けるような気がする...。

by finches | 2012-10-17 06:24 | 復興
951■■ 川辺のアーチ橋
b0125465_875430.jpg


厳密に言えばこれは橋ではない。
本来橋とはこっち側からあっち側へ渡るという目的を持って架けられるもので、渡ることのないこっち側だけ、或いはあっち側だけにあるものは橋ではないだろう。
だが、これがただ柱が林立している今風の味気ないものだったら敢えて橋とは書かないが、これが美しいアーチとなると橋と書きたくなってくる。

このアーチは川沿いに連なる温泉旅館の前の道路を川側に拡幅するために造られたもので、これに繋がる橋に昭和5(1930)年と竣工年が刻まれていることから、このアーチもその年に造られたものと考えていいだろう。

この手の鉄筋コンクリート造の開腹式アーチ橋としては、震災復興で昭和3(1928)年に神田川に架けられた御茶ノ水の聖橋が有名だ。
聖橋は建築家・山田守の設計として知られその表現派的デザインを特徴とするが、この温泉街のアーチ橋もそのデザインが各地で踏襲されていった一例と見ることができるだろう。

これまでに拙稿で取り上げた中にも石神井川音無橋(昭和5年)や相模川小倉橋(昭和13年)などがこのデザインを踏襲した例と考えられるが、地方温泉でのこのような実施例は珍しいものだと思う。

対岸から眺めていても鉄筋コンクリート造の冷たさも無味乾燥なところもなく、寧ろ柔らかく温もりさえ感じ川に降りてみたくなってくる。
それは、デザインというものが如何に重要な要素であるか、82年の歳月を経て尚現代人の心を揺さぶる力がある。

因みにこのアーチに繋がる橋はアーチ橋ではない。
水面までの高さがない橋をこの形式のアーチ橋にしなかったのは、洪水時に流れを堰き止めないことへの配慮だったのだろう。

昭和5年製のそれら鉄筋コンクリート造建造物は、対岸にある二つの掛け流しの町湯と静かに穏やかに対話を楽しんでいるように見えた。
秋の空は青く高く、凛とした空気に桜紅葉も輝いていた...。

by finches | 2012-10-16 08:21 | 遺産
950■■ 追想Ⅶ-横浜・ヘボン

b0125465_11124599.jpg


横浜でのお目当ては三井物産横浜支店(明治44(1911)年、設計・遠藤於菟)を見ることと、横浜開港資料館の図書室で調べものをすることだったが、その資料館で一枚の絵葉書に目が止まった。
その写真は明治後期に撮影されたもので、絵葉書のタイトルには『谷戸橋のたもとの旧ヘボン邸』とあった。
『ヘボン』からヘボン式ローマ字の、あのヘボンだと直感した。

その一枚の絵葉書を入口に、これまで知らなかった横浜の歴史についての多くの知見を得ることができた。
入口となったキーワードは『川』と『橋』で、そこから調べを進めて開港前の横浜を表した『武州久良岐郡横浜村麁絵図』に出合い、当時の横浜が大岡川河口に広がる浅い内海と、『象の鼻』とよばれる砂州からなっていたことを知った。

この内海と『象の鼻』の跡は現在の地図の上にもくっきりと残されていて、現代にその過去のレイヤーを重ねると、はっきりと横浜開港から現在までの歴史の痕跡を辿ることができる。
簡単に説明すると、かつて内海には大岡川とその支流である中村川が注いでいたが、江戸時代の新田開発によりこの内海が埋め立てられ、『象の鼻』の縁に沿うように中村川は西へと流れを変え大岡川に合流した。
開港後はこの『象の鼻』部分の東側が外国人居留地、西側が日本人居留地として整備され、中村川から海に向かって現在堀川と呼ばれている川が開削された。

その堀川に架かる第一橋梁が谷戸橋で、そのたもとにかつてヘボン邸があったことを絵葉書は示していた。
かつて図書館で幾度も目にしたヘボン式ローマ字一覧表、それを作ったヘボン氏が実はJames Curtis Hepburnで、当時の日本人が英語の発音を聞き分けることができなかった為にヘップバーンがヘボンになったことも知った...。

by finches | 2012-10-14 11:19 | 無題
949■■ 追想Ⅵ-横浜
b0125465_8581760.jpg


何年か前から街の歩き方が大きく変わった。
それを一言で言うなら、敢えて遠回りをするということだろうか。
一つ手前の駅で降りて歩く、無理に路線を乗り継ぐのを止めその路線上の駅から歩く、川向うに行くにも手前の駅で降りて隅田川を歩いて渡る、そんな遠回りだが新たな出合いと発見を楽しむ歩き方だ。

関内で降りて横浜を初めてそんな風に港まで歩いた。
すると、今まで自分の中で横浜の中心から外れた場所であった所が、実は横浜開港の歴史に繋がっていることが分かった。
それは外国人居留地と日本人居留地とを分けていた道で、その軸線から見ると横浜の街の歴史や古い建物の成り立ちの謎が全て解けるように思えた。
そして、何十年もそれぞれ単体でしか見てこなかった古い建物が、歴史の織糸で結ばれていることにも気付かされた。

限られた滞在時間の中でわざわざ横浜を訪れたのは、横浜開港資料館や横浜都市発展記念館などでの資料集めと、三井物産横浜支店(旧名)を見たいと思ったからだ。
三井物産横浜支店は明治44(1911)年の完成で、建物全体を全て鉄筋コンクリート構造により実現した日本最初のオフィスビルだ。
この建物は関東大震災後に増築がなされているが、明治44年製のオフィスビルは大震災にも見事に耐えた堅牢な姿のまま穏やかに街の風景に溶け込んでいた。

古いというだけで耐震性がないと決めてかかる数多の大嘘を嘲笑うように、その101歳のオフィスビルは悠然と建っていた...。

by finches | 2012-10-13 09:06 | 無題
948■■ 温泉と彼岸花-その三
b0125465_916635.jpg


毎日の温泉通いを人は羨ましいと言うが、医者から治ることはないと言われた皮膚疾患の温泉治療をその湯に託している身としては、毎日のそれは他人の羨望からは程遠い忍耐に他ならない。
車で20分以内で行ける二つの温泉がその皮膚疾患を和らげることに偶然気付き、以来筆者の温泉通いは続いている。

その二つは元々は共に古くからある湯治場だが、そのうちの一方が秀逸な掛け流しの湯で、完治こそしないもののその効果には絶大なものがある。
ただ難を上げるならば、余り綺麗ではないことと、休みが決まっていないことだ。

最近その湯の常連から休みだった時に訪れるという温泉の名を聞いた。
そして、このところ日曜日になるのを今や遅しと待ってその温泉に出かけている。
正に灯台下暗し、その温泉の湯があの秀逸な湯に勝るとも劣らない掛け流しだったのだから堪らない。

その温泉には読みたい本を持って行くのが似合うと思い立ち、三回目にそれを実践してみた。
湯客が空いたら湯に浸かり、上がったら畳に胡坐をかいて本を読む。
窓からは桜紅葉、縁側からは峠の下を流れる川からの川風が心地よく入ってくる。
そして、湯上がりに食べた親子丼の素朴な味は何よりの馳走に思えた。

三回目の帰り道も同じ場所に車を止めた。
彼岸花は終わりを迎え、幾つかの田んぼを残しほとんどは稲刈りを終えていた。
これから晩秋を迎えそして冬を迎え、この景色はどんな風に変わっていくのだろう...。


親子丼はこちら
by finches | 2012-10-10 09:23 | 無題
947■■ 温泉と彼岸花-その後
b0125465_724958.jpg


日曜日の昼下がり、東京から戻った家人を連れて温泉に出かけた。
そこは、その一週間前に初めて一人で訪れた温泉で、源泉を沸かしてはいるものの掛け流しであることには違いなく、その泉質は相当なものだと感心した。

その日湯から上がった家人はどこかニコニコとしていて、以前美人の湯として訪れた寸又峡温泉の泉質に似ていると、妙に抑揚を押さえた声で囁いた。
それは、毎日のように通っている温泉こそが、少なくとも県下では最高の泉質と思っていたところに、突然無名の強敵が現れたことへの驚きと焦りとを押さえている、そんな囁きに聞こえた。

帰り道、彼岸花の咲いていた田んぼの脇に車を止めた。
一週間前の花は終わり、それ以上に多くの真っ赤な彼岸花が一面に咲いていた。
秋の空は高く、そして青く、そこには秋の白い雲がポッカリと浮かんでいた。

四季の移ろいをこれ程身近に感じたことがこれまであっただろうか。
今日は昨日とは違い、明日は今日とは違う、そんな小さな変化に触れ感動したことがこれまであっただろうか。
日本人の感性の根底にある美意識は、この四季の美しさに感じる心に根差していると思った...。

by finches | 2012-10-05 07:31 | 季節