<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
988■■ 東京

b0125465_12283190.jpg



昨日、台風が温帯性高気圧に変わったことで、東京以西は随分と気温が上がったようだ。
一方、東京は久方振りに梅雨に舞い戻ったように、終日小雨が降り続いたが、その酷暑からは解放された。

今朝、外を見ると一つ二つと傘の華が、クルクルと回るように、スーっと滑るように、同じ方向に移動していた。
そこで、朝の散策と外での朝食は取り止め、ゆっくりと部屋で過ごした。

雨は止んだ。
散策を兼ね、ゆっくりと八重洲に向けて歩いた。

途中、遅目の朝食をとった。
老舗の心地よいサービスと苦めのコーヒーが、一日の始動の力をくれた...。

by finches | 2013-06-14 10:24 | 無題
987■■ 東京

b0125465_112546100.jpg



久し振りの東京、なのに生憎の雨。
傘なしでも済みそうなくらいの弱い雨で、フランス人ならこんなの雨のうちに入らないだろう。

東京は中継地だが、今日一日と明日半日時間を取ってある。
大半の荷物は最終到着地に送ってあるとは言えども、細々したものもそれなりに集まると重い。
まして雨。

予定は大幅に狂う。
何より楽しみにしていた街の探訪ができない。

雨宿りにはいささか大き過ぎる空間だが、しばし雨宿り。
これを書いたらホテルに荷物を預け本屋にでも行こう。
どさっと買って送ろう。

コンサート開始は夕方。
風邪など絶対にひけない...。

by finches | 2013-06-13 11:28 | 空間
986■■ 朝顔

b0125465_9371970.jpg



梅雨の合間に朝顔の種を蒔いた。
翌日は再び鬱陶しい梅雨空に戻り、二日間降り続いた。
フカフカの土に僅か1センチの深さに植えられた種はそんな雨に打たれたら一溜まりもない。
そこで、覆いを掛けてやった。

再び梅雨の晴れ間が訪れ覆いを外すと朝顔は一斉に小さな芽を出していた。
色は薄いベージュで、もともとそんな色なのか、覆いを掛けられ日の当らないモヤシ状態で発芽したせいなのか、兎に角そんなひねた色をしていた。

もっとよく日の当たる場所にポットを移してやった。
日の光を浴びて一日で随分と大きくなったが、色はまだ薄いベージュだった。
だが、今朝見るとその葉が薄緑に変わっていた。
きっと、夜の間に日を浴びてできた葉緑素で色が置き変わったのだろう。

ヘブンリーブルー、大きく育って青い花を咲かせてくれ...。

by finches | 2013-06-04 06:35 | 季節