タグ:大正 ( 43 ) タグの人気記事
838■■ 東京駅-二月
b0125465_864983.jpg


復元工事が進み次第にそのベールを脱いでいく東京駅を見ていると様々なことを考えさせられる。
今でこそ重要文化財として永久保存が約束されているものの、それは小さな市民保存運動が発端にあり、そのお蔭だということもその中の一つだ。

関東大震災に耐えた東京駅もアメリカの無差別東京空襲により大きな被害に見舞われる。
その時に焼け落ちたドーム屋根は戦後に行われた突貫工事で八角形の屋根で掛け直され、筆者たちはその姿を東京駅として長く慣れ親しんできた。

ドーム屋根の復元を含め東京駅全体の復元再生が行われることに対し、果たして今にしてその必要性があるのかと思い続けていたが、昨年シートに覆われた駅舎からその復元なったドームの一部が顔を覗かせているの見た時、何故かゾクゾクッとする戦慄が走ったことを覚えている。
それは筆者の考えの方が浅はかであり、ここで行われている復元再生は決してバブルな発想からではなく、筋も芯も一本通ったものだということを投げつけられたような衝撃だった。

東京駅から真直ぐ北に伸びる大通りを行幸通りという。
その名が示すように、皇居と東京駅を結ぶもので幅は40間(72.8m)もある。
行幸通りの歴史を辿ると明治22年(1889年)の市区改正による中央停車場の位置決定に遡り、実際に整備が終わるのは明治43年(1910年)のこととなる。
この街路整備は正に江戸を明治に変えていく一大都市計画だったと言える。

行幸通りの整備が終了した時、一方の東京駅は本格的に工事が進行中で、行幸通りに繋がる駅前の広場を含めた東京駅の完成はその4年後の大正3年(1914年)となる。
この行幸通り一つを取ってみても、まだまだ色んな歴史がある。
正に東京駅は近代日本の歴史そのもので、竣工当時の姿に正確に復元再生することの意味は計り知れないと考えを改めた。

東京を江戸と重ねて考えるようになって随分とものの見方が変わった。
東京駅もそんな中で、その見方も変わった一つだ...。

by finches | 2012-02-29 05:08 | 遺産
832■■ 豊かさの共存
b0125465_7225270.jpg


当時中学生だった記憶にこの建物ははっきりと残っている。
外観もそうだが、屋上の木々が何だか不思議に思えたことをはっきり覚えている。
この建物は旧海運会社の事務所兼住宅として大正4年(1915年)に完成したもので、左側の建物はそれよりもっと古い明治33年(1900年)完成の現役郵便局となる。

この事務所兼住宅ビル、一見、3階まですべて事務所のようで、住宅は屋上にあるのだろうと思いきや、これが全く違う。
事務所として使われたのは1階だけで、2階と3階すべてが住宅になっていて、しかも全部が和室だというから驚く。
そして、あの不思議に思えた木々は屋上庭園のもので、そこには茶室まであるというから更に驚く。

今でこそ屋上を植栽したり東屋や茶室を造るなど珍しくもないが、大正4年にそんな発想をした人間がいた驚きと同時に、この街に吹いていたモダンな風を感じる思いがする。
中学生の筆者にはこの交差点がとてもエキゾチックな場所に思えた。
そこには古い建物や神社や市場や船着場があって、自動車やバイクや自転車や人が行き交う活気があって、貨物船や連絡船の汽笛の音があって、海からの潮の匂いがあって、それらがこの交差点を混在が醸し出すエキゾチックで不思議な雰囲気にしていた。

変わり果てたと思い記憶の中に封印していた場所だったが、来て良かったと思った。
交差点を囲むように4つの古い建物が残り、そこに新しい活気が生まれていたことが何より嬉しかった...。

by finches | 2012-02-23 04:36 | 空間
831■■ 狭間から見えたもの
b0125465_7233918.jpg


あった、あった、こんな所にあったのか。
狭間から見えたものは,その日探し歩いていた正にその建築だった。

それは,大正13年(1924年)に完成した旧電信局で、その柱には古典的なモチーフが見られるものの、最早その扱いは古典主義の手法からは遠く離れ、分離派の目指した新しい建築の創出に向けての趨勢を窺うことができる。

山田守が東大を卒業し逓信省に入ったのは大正9年、そして同じ年に同級生5人と理想の建築像を目指して分離派建築会を結成する。
山田守の東京中央電信局の完成が大正14年だから、この旧電信局は逓信省で山田が指揮を取った一連の作品群の中の一つに間違いない。

特徴となるパラボラ(放物線)とアーチは今尚新鮮で見る者を魅了する。
建築に思想と力があるからこそ、これ程の改修を受けていてもビクともしていない。
この建築も市の取り壊しの決定を市民が覆したことで今こうして街並みの中に残っている。
それがどれ程豊かなことか、改めて保存と再生の有り方と方法を考えさせられた。

大正9年、分離派建築会は次のような宣言を発表している。

 我々は起つ。
 過去建築圏より分離し、総ての建築をして真に意義あらしめる新建築圏を創造せんがために。
 我々は起つ。
 過去建築圏内に眠って居る総てのものを目覚さんために溺れつつある総てのものを救はんがために。
 我々は起つ。
 我々の此理想の実現のためには我々の総てのものを悦びの中に献げ,倒るるまで,死にまでを期して。
 我々一同,右を世界に向かって宣言する。

こんな気持ちで先人たちが造り遺した優れた建築、それをそのままの形で次の時代に受け渡すこと、それが今の我々がなすべき責任だと改めて思う...。

by finches | 2012-02-22 05:07 | 遺産
772■■ 東京駅-冬十二月

b0125465_73525.jpg


東京駅が竣工したのは大正3年(1914年)のことだ。
設計は辰野金吾、900万個の赤煉瓦を使い、駅舎の長さは東京タワーの高さに匹敵し、高さは戦艦大和に近い。

その堅牢さ故に関東大震災にも持ち堪えたが、東京大空襲で3階部分とドームを焼失し、戦後の修復で3階建だった駅舎は2階建に、二つのドームは簡素な八角形の屋根に架け替えられた。
その東京駅を元の形に復元する工事が2007年から開始され、予定では来年には完成する。

その復元なった二つのドームを初めて目にした。
筆者は戦後の人々の原風景として既に定着している東京駅を、わざわざ竣工当時に復元する必要があるのかと内心思っていた。
だが、冬空に凛と聳えるドームを目にし、そのレプリカなどではない本物の復元に思わず息を呑んだ。

ドームに使われている材料も色も、筆者のこれまでの想像を遥かに超えていた。
逆光の中それを見詰めながら、まだシートに覆われた駅舎本体は3階建としてどのように生まれ変わるのだろうと想像した。

東京駅と同じ時代を生きた由緒ある建物が、次々と超高層のガラス建築に変貌する丸の内にあって、目の前で行われている復元という違う次元のベクトルは、筆者の復元への疑問の思いを一気に吹き飛ばしていた...。

by finches | 2011-12-24 05:02 | 時間
613■■ 甲武鉄道と永代橋

b0125465_8244579.jpg


今朝は甲武鉄道について書こうと甲武鉄道市街線紀要(明治29年)を読み始めた。
だが、読めない旧漢字の連続で数ページを読んだ(?)ところであっさり断念した。
後は中の図や表や地図などを見ていたら、あっという間に2時間が過ぎた。
それにしても紀要とはどういう意味だろうと、今度は興味の矛先がそっちに移った。
広辞苑を引くと、大学・研究所などで刊行する、研究論文を収載した定期刊行物、とある。
道理でお固い筈で、読めない旧漢字だけの問題ではなかった。
この鉄道の歴史は東京の鉄道史、いやそれ以上、正に近代史そのもので、もう少し気長に調べを続けることにしようとあっさり頭を切り替える。

それではと、永代橋を書こうと思ったが、これが何も頭に浮かんでこない。
そこで、拙稿にこれまでどのくらい永代橋が登場しているかを調べてみると、その数はなんと25回に及んでいた。
道理で書くことが浮かばない筈だと、これまたあっさり得心した。

永代橋はどこから見ても様になるが、日本橋川に架かる豊海橋からの眺めがまたいい。
永代橋の近くには明正(めいしょう)(昭和2年)という復興小学校があり、その先の亀島川を下ると旧両国橋の中央径間を移設した南高橋があって、その橋を渡り鉄砲洲稲荷の角を曲がると鉄砲洲(昭和4年)という復興小学校がある。
この最後の鉄砲洲が寿司屋の上がりのように散策の締めだった。

この日も永代橋を過ぎ南高橋を渡って鉄砲洲稲荷の角を曲がり、鉄砲洲公園(復興小公園)に出た。
だが目の前にある筈の鉄砲洲小学校は解体用の厚いシートに覆われ、その上に覗いている筈の建物はもうどこにも見えなかった。
これからは筆者の散策ルートも変わるかも知れない。
筆者は江戸の生活物資が陸揚げされた鉄砲洲、新川辺りが好きだったが、亀島川以外の川はすべて埋められて姿を消し、震災復興のシンボルとして未来に継承すべきだった鉄砲洲小学校も姿を消し、もう南高橋が残るだけになってしまった。

永代橋が完成したのは大正15年(1926年)のことだ。
「帝都復興の門」と言われた美しいこの橋は85年を経た今もそしてこれからも、現役の橋としてこの風景の中にその雄姿を留めるだろう。
否、そうでなければならないと思う...。

by finches | 2011-03-05 04:27 | 復興
600■■ 山谷堀川 今戸橋
b0125465_18345669.jpg


今戸橋は待乳山聖天の下の山谷堀川に架かっていた橋で、大正15(1926)年に完成した震災復興橋梁だ。
この橋は隅田川に流れ込む山谷堀川に架かる9つの橋の第一橋梁で、他の橋が桁橋やゲルバー橋であったの対しスチールアーチ橋で、御多分に洩れず第一橋梁としての隅田川からの見栄えと認識性が考慮されたことが窺える。

山谷堀川は昭和50(1975)年までに全て埋められ暗渠と化し、この今戸橋も親柱と高欄の一部を残しているだけだが、恐らくスチールアーチの橋本体は土の中に埋まっていると考えられる。
現在山谷堀川の川筋は公園として整備され、江戸時代に洪水対策のため造られた日本堤は土手通りの名に微かな面影を残している。
そして、かつて土手八丁と呼ばれた吉原までの道筋に地図の上で定規を当てると、当時吉原通いの遊客が猪牙舟で隅田川から山谷堀に入り、駕籠に乗り換えたのがこの今戸橋辺りだとピッタリ一致するから面白い。

この山谷堀川は音無橋が架かる石神井川が谷中の北で分流したもので、江戸の古地図と現代の地図を行ったり来たりして見ていると、その流れは今の荒川区と台東区の区境に一致するからこれまた面白い。

今朝は今戸橋について書き始めたものの途中多いに脱線し、地図の上にその川筋が見えてくると、それがつい最近歩いた谷中や根岸の道筋と一致していることに驚き、一人感動した次第。
いやー、地図こそ最大のミステリー、最高の読み物かも知れない...。

by finches | 2011-02-19 04:12 | 復興
592■■ 昌平橋の謎
b0125465_1914508.jpg


前々稿の昌平橋で、ネット上のWikipediaを始めその他の掲載写真が間違っているとし、橋梁調査報告書で昭和5年を完成年とした橋梁研究者を大学教授失格とした。
これらの断定が筆者の調べの甘さによるものであったことが分り、先ずこの誤りを訂正したい。

震災復興事業で建設された復興小学校についての執筆に今係わっているが、その中の一つのテーマである復興小公園に使えそうな写真を探していて、昭和22年の昌平橋の写真を偶然見付け愕然となった。
前々稿を書くにあたり確認した地図と、上流と下流に架かる二本の歩道橋が新しいタイル貼りであったことでそれらが近年架橋されたものだと考えたが、昭和22年の写真には三本の橋が写っていて、そのことは昭和13年までに既にこれらの橋が竣工していたことを意味していた。

改めて専門図書館のアーカイブスやネットを検索すると、昌平橋を取り上げるにあたり散々調べた時には見つからなかった一つの論文に行きついた。
それは土木史研究講演集の「大正12年竣工の東京神田川昌平橋」という論文だった。
今朝は私見を交えずその論文の内容を元にこの複雑極まりない昌平橋改変の歴史を書いてみたい。

そもそも昌平橋が架橋されたのは先の橋梁調査報告書にある昭和5年でも、橋に付けられたプレートにある昭和3年でもなく、大正12年であることが分った。
次に当初の昌平橋は現在中央にある橋で両側には歩道が付けられていたが、同時にその上流側に水路橋と軌道橋が3本並ぶ形で架けられた。
完成間もなく関東大震災に遭うが損傷もなく完成直後だったこともあり、震災復興計画で道路拡幅の決定に対しては、本橋の歩道を無くして車道と軌道専用とし、上流側の軌道橋を人道橋に改修し、更に本橋の下流側にほぼ同サイズの人道橋を新設し、これら三本のコンクリートアーチ橋で一つの橋となる珍しい形態が生まれた。

この人道橋の新設と本橋の改修の竣工年が昭和3年、軌道橋の人道橋への改修の竣工年が昭和5年で、こうやって見ると昭和3年も5年も間違いではなくそれぞれに意味があったことが分る。
現在昌平橋のたもとに建てられた説明版には、現在の橋が架橋された年が昭和3年と書かれ大正12年に竣工した当初の昌平橋のことには触れられていないことも、昌平橋の歴史を正しく後世に伝えない原因にもなっている。

当初昌平橋と併設するように軌道橋を架けたのには理由があって、市電の振動を受け続ける軌道が橋に及ぼす影響を考え軌道橋を独立させたものだと分った。
その設計思想は震災復興事業で橋を改修、新設した復興局には受け継がれず、近年の改修では高欄や橋燈からは古典的な趣が失われ、煉瓦タイルの化粧を施された人道橋に至っては当初の設計思想どころか橋梁の美学までをも完全に失った安物に改変されてしまった感が否めない。
写真左がかつて軌道橋だった人道橋、右が当初からの昌平橋で、ちょうど両橋のアーチが石垣にぶつかる際に四角いコンクリートが見える。
筆者はこれを近年歩道橋が新設された時の仮設の址だと思って前々稿を書いたが、今はこれが先に書いた水路橋アーチのアンカー址だと分る。
改めて、歴史を後世に正しく伝えるためには、足すことも引くこともあってはならない、だた事実だけを書き残すことが重要だとつくづく思った...。

by finches | 2011-02-10 06:05 | 時間
581■■ 旧入谷小学校
b0125465_7373869.jpg


旧下谷小学校を訪れた同じ日に旧入谷小学校の中にも入ることができた。
後者に入るのは二度目だったが、奥まで隈無く見るのはその日が初めてだった。
少し説明しておくと、前者は昭和3年の竣工で復興小学校のグループに入り、後者はそれよりも早い大正15年の竣工だが改築小学校のグループに入る。

筆者が東京の復興小学校を調べ始めてから早いもので3年近くになり当初は20校が現存していたが、一昨年港区の旧南桜小学校(昭和3年竣工)、昨年台東区の旧福井小学校(昭和4年竣工)と中央区の明石小学校(大正15年竣工)、そして今年に入って中央区の旧鉄砲洲小学校(昭和4年竣工)が次々に解体され、現在その数は16校に減っている。
その内実際に現役小学校として使われているのは半数の8校で、その中の1校(中央区明正小学校)は既に解体の予定に入っているのが現状だ。

さて、旧入谷小学校の内部は階段や廊下や普通教室の一部に昔の面影を残していた。
教室の3つの窓からの明るい日差しは廊下側の窓と扉まで届き、竣工当時から変わらない木製の黒板二つと廊下側の回転窓が、まるで静寂の中に置き去りにされたように残っていた。
黒板や窓や扉の枠からは今のものより数段上の仕事振りが伺え、85年という長い時を経て狂いもなく、寧ろ使い込まれた中に気品と美しささえ感じる先人たちの仕事を温かい気持ちで眺めた。

二つの校舎にはそれぞれに趣があった。
だが、それは過去や古いものへの郷愁などではなく、一つの思想に貫かれて造られたものが時を経て決して色褪せないことへの尊敬の回顧であり、今こそこれら本物の空間に沁み込んだの建築の記憶を未来に継承し、その思想を伝承していかなければならないと思った...。

by finches | 2011-01-30 03:54 | 近代モダン小学校
574■■ 明日館
b0125465_17511239.jpg


いつもは直近またはその朝撮った写真を使うが、ここ数日のように何となく以前に撮った写真の中から引っぱり出して来ることもある。
それは何となく写真を見ていて、これを使ってみよう、これで何かを書いてみよう、と思った時にそうするだけでそこに特段の意味はない。

明日館はフランク・ロイド・ライトが設計し大正10年に完成した自由学園の校舎として余りにも有名だが、老朽化のために保存修理の工事が行われた。
とは言ってもそれはもう十年前のことで、写真はその保存修理を終えた明日館の見学会の時のものだ。

更に前のことになるが、改修前の傷んだ建物の中にも入った記憶がある。
また、ライトの弟子である遠藤新の設計で昭和2年に完成した講堂は、友人の音楽家のコンサートで一二度訪れたこともあり、知人のクリスチャンがこの学校の出身ということもあって、何となくこれらの建物には身近な親しみがある。

創立者夫婦の目指す教育理念に共鳴しライトはこの建物の設計を行うが、「簡素な外形の中にすぐれた思いを充たしめたい」、という夫婦の願いは重要文化財となった今も生き続けているように思う。
それは、この建物が動態保存というコンセプトに貫かれ、オリジナルの復原、恒久性を高める工夫、活用のための改善、これらの言葉に求め続ける理念を強く感じるからに他ならない...。

by finches | 2011-01-22 05:19 | 空間
561■■ 常盤橋と常磐橋
b0125465_882876.jpg


「一石橋を外濠から見て日本橋川に架かる最初の橋と言うなら、常盤橋は日本橋川から見て外濠に架かる最初の橋と言える。
かつて日本橋川は外濠出合いで終わっていたが、その後外濠がその出合いから西を埋め立てられた為に、残された東側に日本橋川が繋がる形になり、現在の地図では常盤橋は日本橋川の橋となっている。」
  (外濠 常盤橋親柱灯具より)

前稿の橋の名が明神橋ということが投稿後の調べで判明したが、此の際それはさて置き、前稿の予告通り今朝は常盤橋と常盤橋高欄のアーチ形開口から覗いた常磐橋を取り上げてみよう。

常盤橋は大正15年(1926)に架けられた充腹式二連コンクリートアーチの震災復興橋梁で、今も現役の橋としてその姿を川面に映している。
一方の常磐橋は旧江戸城常磐橋門に繋がる明治10年(1877)に架けられた二連石造アーチ橋で、都内唯一の洋式石造アーチであることに加えて、その和洋折衷の造形が何ともユニークな橋だ。

こう書いても、この写真では両者の特徴は余りにも分かり難いかも知れない。
元々、橋の全景は敢えて掲げずその橋について描写をしたいと考えている訳で、その趣旨からすると、この写真も両者の間にある時間と空間の距離を切り取っていると言えなくもないのだが...。

by finches | 2011-01-09 06:47 | 遺産