タグ:明治 ( 14 ) タグの人気記事
950■■ 追想Ⅶ-横浜・ヘボン

b0125465_11124599.jpg


横浜でのお目当ては三井物産横浜支店(明治44(1911)年、設計・遠藤於菟)を見ることと、横浜開港資料館の図書室で調べものをすることだったが、その資料館で一枚の絵葉書に目が止まった。
その写真は明治後期に撮影されたもので、絵葉書のタイトルには『谷戸橋のたもとの旧ヘボン邸』とあった。
『ヘボン』からヘボン式ローマ字の、あのヘボンだと直感した。

その一枚の絵葉書を入口に、これまで知らなかった横浜の歴史についての多くの知見を得ることができた。
入口となったキーワードは『川』と『橋』で、そこから調べを進めて開港前の横浜を表した『武州久良岐郡横浜村麁絵図』に出合い、当時の横浜が大岡川河口に広がる浅い内海と、『象の鼻』とよばれる砂州からなっていたことを知った。

この内海と『象の鼻』の跡は現在の地図の上にもくっきりと残されていて、現代にその過去のレイヤーを重ねると、はっきりと横浜開港から現在までの歴史の痕跡を辿ることができる。
簡単に説明すると、かつて内海には大岡川とその支流である中村川が注いでいたが、江戸時代の新田開発によりこの内海が埋め立てられ、『象の鼻』の縁に沿うように中村川は西へと流れを変え大岡川に合流した。
開港後はこの『象の鼻』部分の東側が外国人居留地、西側が日本人居留地として整備され、中村川から海に向かって現在堀川と呼ばれている川が開削された。

その堀川に架かる第一橋梁が谷戸橋で、そのたもとにかつてヘボン邸があったことを絵葉書は示していた。
かつて図書館で幾度も目にしたヘボン式ローマ字一覧表、それを作ったヘボン氏が実はJames Curtis Hepburnで、当時の日本人が英語の発音を聞き分けることができなかった為にヘップバーンがヘボンになったことも知った...。

by finches | 2012-10-14 11:19 | 無題
949■■ 追想Ⅵ-横浜
b0125465_8581760.jpg


何年か前から街の歩き方が大きく変わった。
それを一言で言うなら、敢えて遠回りをするということだろうか。
一つ手前の駅で降りて歩く、無理に路線を乗り継ぐのを止めその路線上の駅から歩く、川向うに行くにも手前の駅で降りて隅田川を歩いて渡る、そんな遠回りだが新たな出合いと発見を楽しむ歩き方だ。

関内で降りて横浜を初めてそんな風に港まで歩いた。
すると、今まで自分の中で横浜の中心から外れた場所であった所が、実は横浜開港の歴史に繋がっていることが分かった。
それは外国人居留地と日本人居留地とを分けていた道で、その軸線から見ると横浜の街の歴史や古い建物の成り立ちの謎が全て解けるように思えた。
そして、何十年もそれぞれ単体でしか見てこなかった古い建物が、歴史の織糸で結ばれていることにも気付かされた。

限られた滞在時間の中でわざわざ横浜を訪れたのは、横浜開港資料館や横浜都市発展記念館などでの資料集めと、三井物産横浜支店(旧名)を見たいと思ったからだ。
三井物産横浜支店は明治44(1911)年の完成で、建物全体を全て鉄筋コンクリート構造により実現した日本最初のオフィスビルだ。
この建物は関東大震災後に増築がなされているが、明治44年製のオフィスビルは大震災にも見事に耐えた堅牢な姿のまま穏やかに街の風景に溶け込んでいた。

古いというだけで耐震性がないと決めてかかる数多の大嘘を嘲笑うように、その101歳のオフィスビルは悠然と建っていた...。

by finches | 2012-10-13 09:06 | 無題
930■■ 産業遺産・焼成窯

b0125465_9372891.jpg


六月に行った北海道が一足早い夏休みのつもりでいたが、30度を超す連日の暑さは流石に堪らない。
そこで世間の盆休みに便乗して、半夏休みモードで過ごしている。
だから、朝の8時を回ったこんな時間に、家人が運んでくれたアイス抹茶を飲みながら、のんびりとブログも書いている。

昨朝咲いた布袋葵の花も今朝はもう凋んでいた。
一番大きなメダカの水鉢の中のクレソンの内鉢の浅いプールには子メダカが一匹増えていた。
布袋葵にジッとしている怪しいショウリョウバッタが、実はクレソンの葉を食べていたことが今朝分かり、木陰の涼しい水辺から灼熱の大地に放り投げてやった。
落ち葉を埋めた5つの小穴にかけた土はまだ湿っていて、今朝も辺りの土の色とは明らかに違っていた。
其処彼処に撒いてある雑穀の実を番いの雉鳩と数羽の雀が啄ばんでいる。
そんな平穏な一日の始まりを静かに眺めながら書いている。

さて、今朝書こうとしている本題は産業遺産の焼成窯だ。
ある特定の目的に使用された国内に現存する最古の焼成窯で、明治16年(1883)に建造され後に改造大型化されたものだ。
それでも明治30年代前半の由緒正しい産業遺産として今も保存されている。

今朝、件の水鉢の前の小椅子でこの焼成窯について書かれた4ページの資料を読んだ。
ドイツの技術を導入して造られたもので、屋外に無造作に並べられていた機械には全てドイツ語の社名が刻まれていた。
我が国近代産業の草創期、ここがまぎれも無く一つの基幹産業の始点の地であることに静かな感動を覚えた。

故郷の歴史と文化の濃さをここでも感じた。
次代に継承すべきもの伝承すべきもの、その大切さを改めて思う...。

by finches | 2012-08-16 07:49 | 遺産
838■■ 東京駅-二月
b0125465_864983.jpg


復元工事が進み次第にそのベールを脱いでいく東京駅を見ていると様々なことを考えさせられる。
今でこそ重要文化財として永久保存が約束されているものの、それは小さな市民保存運動が発端にあり、そのお蔭だということもその中の一つだ。

関東大震災に耐えた東京駅もアメリカの無差別東京空襲により大きな被害に見舞われる。
その時に焼け落ちたドーム屋根は戦後に行われた突貫工事で八角形の屋根で掛け直され、筆者たちはその姿を東京駅として長く慣れ親しんできた。

ドーム屋根の復元を含め東京駅全体の復元再生が行われることに対し、果たして今にしてその必要性があるのかと思い続けていたが、昨年シートに覆われた駅舎からその復元なったドームの一部が顔を覗かせているの見た時、何故かゾクゾクッとする戦慄が走ったことを覚えている。
それは筆者の考えの方が浅はかであり、ここで行われている復元再生は決してバブルな発想からではなく、筋も芯も一本通ったものだということを投げつけられたような衝撃だった。

東京駅から真直ぐ北に伸びる大通りを行幸通りという。
その名が示すように、皇居と東京駅を結ぶもので幅は40間(72.8m)もある。
行幸通りの歴史を辿ると明治22年(1889年)の市区改正による中央停車場の位置決定に遡り、実際に整備が終わるのは明治43年(1910年)のこととなる。
この街路整備は正に江戸を明治に変えていく一大都市計画だったと言える。

行幸通りの整備が終了した時、一方の東京駅は本格的に工事が進行中で、行幸通りに繋がる駅前の広場を含めた東京駅の完成はその4年後の大正3年(1914年)となる。
この行幸通り一つを取ってみても、まだまだ色んな歴史がある。
正に東京駅は近代日本の歴史そのもので、竣工当時の姿に正確に復元再生することの意味は計り知れないと考えを改めた。

東京を江戸と重ねて考えるようになって随分とものの見方が変わった。
東京駅もそんな中で、その見方も変わった一つだ...。

by finches | 2012-02-29 05:08 | 遺産
769■■ 日本橋-冬十二月
b0125465_745437.jpg


半年振りの東京は13年振りに乗るモノレールで始まった。
約束の待ち合わせまでは9時間、たっぷりある時間、そんな心の余裕が朝の車窓の景色をより新鮮なものにした。

JRに乗り継ぎ有楽町で降りると、先ずは新しい眼鏡の注文を済ませた。
次に復元工事の進む東京駅の雑踏を擦り抜け、地下ホームから快速に乗り千葉に向かった。
千葉に着くとモノレールに乗り換え二つ目の駅で降りると、その日二つ目の用を済ませた。

東京に戻りチェックインを済ませると、日本橋から銀座まで寄り道を楽しみながらゆっくりと歩いた。
明治44年(1911年)に竣工した日本橋は今年架橋百年を迎えることで、昨年全面に亘る改修工事が実施され見違えるように綺麗になっていた。
日本橋は毎年夏に橋洗いが行われており、それも今年で41回目となるが、洗われるのは歩道や道路や高速道路に取り付けられた『日本橋』の橋名プレートなどで、橋全体は黒く汚れた印象を拭えなかったものだが、それも先の改修により当時の色を取り戻していた。

さっぱりと綺麗になった日本橋は右岸上流の橋詰の黄色く色付いた大銀杏とどこか会話を楽しいんでいるかのように見えた。
そんな光景を眺めながら、他の数多の橋たちにもこの橋と同じ愛情を注いで欲しいと思わずにはいられなかった。
否、愛情とまでは言わない、自分たちの身近にあるそれらの美しい橋の存在に、先ずは気付いて欲しいと思った...。

by finches | 2011-12-21 05:16 | 時間
616■■ 甲武鉄道市街線紀要と御所トンネル
b0125465_810988.jpg


甲武鉄道市街線紀要(明治29年)に一通り目を通し終えた。
明治28年に新宿-飯田町間の複線化が終ったのを受けてこの紀要は作られたようだが、当時の世情やその中での鉄道認可と敷設の苦労も合わせて伝わってくる内容だった。
知りたかった新宿-飯田町間のルート、そのルートの決定に至った理由、駅のあった場所、飯田町駅の正確な位置、何とかこれらを現在の地図上で確認できるところまできた。

そして、新たな興味も広がった。
鉄道黎明期のこの時代において、以前から甲武鉄道以外の鉄道にも興味があり、特に現在の山手線がどのように誕生し今のように繋がっていったのかには最大の感心があった。
甲武鉄道は明治22年には新宿-八王子間の敷設を終えていたが、飯田町への市街線延伸に伴い、現在の山手線の前身の一つである赤羽鉄道品川線を横切る必要があった、これが一つ目の興味。
江戸時代に造られた玉川上水は給水の大動脈だったが、その本流と分水を二ヶ所で横断する必要があった、これが二つ目の興味。
当初の市街乗り入れのルート案では新宿から歌舞伎町、富久町、坂町、そして外濠を渡って市谷に抜ける靖国通りに沿ったルートだったが、それが隧道と御所の下をトンネルで抜けるルートに変更される、これが三つ目の興味。

その三つ目の御所トンネルを信濃町側から見たのが上の写真となる。
御所トンネル(右側の一口トンネル)の信濃町側出口は昭和3年の新御所トンネル(左側の三口トンネル)の工事に伴い、学習院の要求で90フィート延長させられた為に、四谷口側に残る煉瓦造のトンネルではなくなっているのが見て取れる。
学習院の要求は、校舎とトンネルとの距離、トンネルの深さ、工事による振動対策や補償問題など微に入り細にわたるもので、その交渉の気苦労ひとつを取ってみても如何計りであったろうと想像される。

御所(現赤坂離宮)下のトンネルの方がもっと大変だった筈なのだが、こちらについての記載は特に見当たらない。
それはこの飯田町乗り入れが当時の陸軍の輸送計画の思惑と重なった為で、御所下のトンネルも軍部の政治的な処理で難なく認可されたのだろう。
フェンス越しで分り難いが四谷側では50メートル近く離れているこの二つのトンネルも、信濃町側では寄り添うように並んでいる。
そして、御所トンネルの上の桜は今年も見事に咲きそろうことだろう。
だが、桜を愛でてもその下にひっそりと口を開けた御所トンネルのことを、まして甲武鉄道のことなど考えることも、その歴史を知る人もいないのだろう...。

by finches | 2011-03-08 06:05 | 時間
608■■ 御所トンネル
b0125465_753875.jpg


初春の光の中弁慶橋を渡りコンサートホールに向かった。
蜘蛛と虫と人のためのコンサートを十分に堪能し会場を出ると、外はまだ温かな初春の光に溢れていた。
建て替えではなく改修の道を選んだ日本初の超高層ホテル・ニューオータニ本館は陽光を受け輝いていた。
それを目の前に眺めながら上手い設計だなあと感心した。
筆者が建築家・岡田信一の最高傑作だと思っている鹿島建設本社は耐震改修の最中だった。
しかし、こちらは遠目にも前者の方を選択すべきだったろうと失望した。

埋め立てられた外濠跡まで下りてみた
そして、関東大震災の瓦礫を処理するために埋め立てられた濠の底から急な斜面を見上げた。
戻ると外濠跡を左下に見下ろしながら桜の土手道を歩いた。
無数の桜の蕾はまだ膨らむのを待っていた。
聖イグナチオ教会の主聖堂に立ち寄った。
建築家・村上晶子が創り出す上品で上質な祈りの空間、好きだなあ上手いなあと感心した。

光があるうちにと土手道から小さく見えた煉瓦アーチのトンネルに急いだ。
それは思った通り明治期の甲武鉄道のトンネルだった。
旧御所トンネルということはまだある筈だと近くを見ると、昭和3年(1928年)に完成した新御所トンネルが3つの口を開けていた。
元々この煉瓦アーチの御所トンネルは甲武鉄道が複線用として建設したものだが、これを見ていると当時の車両の大きさが想像され不思議な気持ちだった。

上の二つのトンネルを合わせると4つの口があり、現在総武線と中央線がこの4つを使っている。
さて、これが昭和初期に将来の複々線化を見越して建設されたものなのだろうか。
答えは、ノーだ。
つまり、これだけを取り上げてもその歴史的な背景があることが分る。
では、旧御所トンネルと新御所トンネル、改めて取り上げるその日まで...。

by finches | 2011-02-28 05:24 | 時間
591■■ 萬世橋駅プラットホーム
b0125465_18535832.jpg


この煉瓦アーチの高架をこれまで何度見たことだろう。
それは神田川に架かる万世橋や昌平橋の上を歩きながらであったり、須田町の方角からであったり、橋の欄干に手を掛けてであったり、交差点を渡りながらであったり、両側にビルが建ち並ぶ殺風景な道の歩道からであったり、その数は何十回にもなるだろう。
だがこれまで、この明治の建造物にさして興味を持つこともなかった。
それは一つにはその生い立ちを詳しく知らなかったこと、一つには煉瓦アーチの中が煉瓦で塞がれているか塞がれていなくてもその中の開口の取り方がどうも好きになれなかったせいだと思う。

萬世橋駅の名前も知ってはいた。
だが、今の中央線が萬世橋駅を始発駅として伸び、新橋と上野の間にはまだ線路も無く、今の総武線は両国橋駅(現両国駅)を始発としていた、そんな光景を思い描くにはこの辺りは余りに変わり過ぎていた。
萬世橋駅のホームからは神田明神の境内や上野の森、下谷の町、日本橋一円は眼下に見えた、そんな光景を思い描くこと自体無理があるのかも知れない。

この煉瓦アーチの高架の上には萬世橋駅の二本のプラットホームがあった。
神田川寄りには汽車用の長いプラットホームが、駅舎があった須田町側には電車用の短いプラットホームがあった。
そして今もその址はこの煉瓦アーチの上に残っている。
こうしてじっくり百年前の煉瓦アーチを見ていると、こういうものが共存する社会が如何に豊かであるかが分る。
再開発で全く新しくなった街に親しみが持てず、混沌としていても古いものが共存する街には親しみを感じるのと似ている。
メダカの泳ぐ鉢の水を全て新しいものに換えはしない、古い水を残して新しい水を足し入れる筈だ。
そうでなければメダカは生きられないし、同じことが街にも建築にも当て嵌まるのではないだろうか。
共存と共生、そうでなければ人間は人間として生きられない...。

by finches | 2011-02-09 05:40 | 時間
486■■ 思いっきりの休日-築港の跡

b0125465_6434979.jpg


朝日を眺めながらの深呼吸に始まった思いっきりの休日は、三つの県を走り到着した山奥から更に幽谷へと踏み入り、分水嶺を越えて渓流から川へと下り、更にその川を下って海へと出た。
そして、その海を右に眺めながら更に走り、小さな町の歴史資料館で車を止めた。

訪れる人の少ないこのような場所に入ると、決って職員が展示室の灯りを付けてくれる。
灯りを付けてもらうと、人気のないまるで昨日のまま止まっていたような冷やりとした空気の中を、一つ一つその町の歴史を見て歩いた。
その中で明治42年に落成した石造りの波止場が目に留まり、職員に尋ねると今も残っていることが分かった。

港に着くと、そこが数年前に友人たちと民宿に泊まり、夕食前に釣り糸を垂れた港だと分かった。
その場所を横目に見ながら更に港沿いに進み小さな岬を横切ると、かつての港だった別の入り江が目の前に広がった。
そして、そこに玉石を積み上げた百年前の波止場があり、今も現役で使われていた。
(この小さな波止場の築造によりこの港は更に繁栄し、近くの鉱山からの鉱石搬出にも大いに貢献したことが添えられていた。)

写真に入らないように苦労したが、この波止場に繋がるように新しいコンクリート堤防が造られていて、その堤防にはあの海の景観を台無しにする消波ブロックがご丁寧にこれでもかと並べられていた。
昔の築港の跡と比較して、現在のこの手の堤防と消波ブロックの全く不要な二重構造について、いつもいつも思うことがある。
それは、昔のままに石を積み上げて造れば、百年、二百年、否それ以上もって、尚且つ美しいではないかと...。

by finches | 2010-09-30 04:45 | 時間
363■■ 水ノ子島灯台

b0125465_1665655.jpg[Photograph source]
 haikyo-hunter.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27



友人が遠路水ノ子島灯台まで釣りに出掛けた。
映画「喜びも悲しみも幾歳月」のロケが行われたところだと聞いても、最初はその姿を思い描くことは出来なかったが、その灯台の写真を見せてくれた時に亡くなった叔父がサザエ獲りに潜っていた灯台とその縞模様がそっくりで興味が沸沸と湧いてきた。

灯台には赤いもの、白いもの、石積みだけのものなど様々だが、よくよく思い返してみるとそれらは港の入口や陸(おか)にあるもので、港口が広い場合などは白と赤の灯台が1基づつあったりもする。
するとこの縞鯛(シマダイ)のような模様は岩礁や島にあるるもので、航行する船に注意を喚起する目的があることが容易に想像される。

この灯台は明治33年に着工し4年後の明治37年に点灯したと記録にあるが、後にも先にもこれだけ長い歳月を掛けて建設された例はなく、如何にこの水ノ子島灯台の建設が難工事であったかがこの歳月からも伺える。
また、昭和37年まで燈台守たちは鶴見町にあった宿舎から、船でこの水ノ子島へ交代で赴いていたそうで、その燈台守の生活は過酷を極めたことだろう。

この灯台の内部は8層で6、7階が詰員の寝室になっていたそうだが、大正元年9月22日の台風では、水面上34メートルの高さの灯台の窓からは波が室内に打ち込み、一時は56メートルの灯台頂部までが怒涛の飛沫に包まれた記録も残っているそうだ。

ところで、灯台は1等から6等までレンズの焦点距離によって格付けされているそうで、第1等となると「焦点距離910㎜、内径1,840㎜、レンズの高さ2,590㎜」もあって、この水ノ子島灯台もその第1等レンズを持っていた。
そのレンズも太平洋戦争末期にアメリカ軍機の機銃掃射により破壊されたが、山口県徳山産の花崗切石を積んで造られた灯塔は激しい機銃弾の跡と、爆弾の炸裂の痕跡を残しながらも倒れずに残った。

戦争末期に航行の安全を守る灯台までをも無差別に攻撃したアメリカ軍、それは病院船を攻撃するのと寸分の違いもないと思った。
拙稿「外濠 鎌倉橋」にも書いたが、アメリカ軍が日本の敗戦が明白にも係わらず日本全土で繰り広げた弱者を狙った卑劣極まりない蛮行の一つが、こんな孤高の島の灯台にまで及んでいたのかと驚かされた。

さて、友人の釣りは不発に終わったようだが、筆者はその釣り場から多くのことを学ばせてもらった...。


More Photo
by finches | 2010-05-10 06:08 | 時間