183■■ 明化小学校
b0125465_18495587.jpg東京市鉄筋コンクリート造小学校DATA

[明化小学校]
創立年月 明治7年8月
竣工年月 昭和5年6月15日
工事請負 浅野同族株式会社
校地坪数 2,072.015坪
校舎坪数 1,220.4坪
学級規模 14学級




昭和5年(1930)に完成した明化小学校は、関東大震災後の震災復興事業で建設された所謂復興小学校117校の中には入らないが、小学校の鉄筋コンクリート造化の一環として建設された内の一校となる。

明化小学校が完成した当時、この辺りは小石川区林町と呼ばれていた。
現在は文京区千石と名を変えているが、北に位置する六義園と南の小石川植物園は当時のままで、それ以外でも神社や公園が多く都内でも大変環境に恵まれた場所に建っている。

この明化小学校は震災後も木造校舎が罹災を免れ残っていたにも係わらず、復興小学校に続く最も早い時期にこの小学校が建設されているのをみると、それはたまたまのことなのか、それともこの小学校自体若しくはこの地区の何か特別な環境要因によるものなのかは分からないが、少なからず筆者には疑問が芽生えてくる。

明化小学校の西、200メートル足らずの所に林町小学校という小学校がある。
この林町小学校こそ大正11年(1922)に東京市が最初に鉄筋コンクリート造4教室を建設した、言わば鉄筋コンクリート造小学校の出発点となる場所であること、そこに何かしらこの地区環境の特殊性を反映しているではないのかと思えてくるのだ。
また、明化小学校の完成当時の配置図には、校地の一角にわざわざ木造校舎が描かれていて、これも何か意味を含んでいるのではないかと憶測を巡らさずにはいられない一因になっている。

初めてこのような小学校を取り上げる時は、いつもなら先ずはその外観を紹介するところだが、何故か上の写真がこの学校の生い立ちに纏わる歴史と品格を今に伝えているようで使ってみた...。

by finches | 2009-10-28 06:54 | 復興


<< 184■■ 草加小学校 182■■ 海底トンネル >>